タイトルロゴ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
ニュークックチルの考え方を教えていただきました

昨日は、朝から年賀状の宛先の整理や母から頼まれた年賀状のデザインをパソコンで格闘してい

ました。年賀状だけでつながっている人もいるのでやめられないでいますが、今年は思い切って

少なくしようと考えています。

 

 

 

午後から、お誘いを受けて新しい病院の地元の人への内覧会にいってきました。お誘いをいただい

たのは、私どもが委託を受けている病院グループの栄養士さんです。私どものメンバーと一緒に

いい食事を出そうと格闘した戦友です。今だからこういえますが、例えれば鬼軍曹かな?おこられ

そうですが。

特別に栄養科の設備も見せていただきました。スチコンやブラストチラーが並んでいます。昔から

この病院は、ニュークックチルに取り組んでおられ、先進的な取り組みで有名です。新病院でも

朝はニュークックチル、昼夜はクックチルとクックサーブを合わせて提供するシステムを組み上げて

おられます。

特にクックチルを実現するために、主菜はすべて温采にしているということでした。特に朝は

再加熱ができない冷采の副菜はなし、おかずは主菜とノリ佃煮などの添え物だけということでした。

このくらい徹底しないと安全は保てないということでしょう。それに朝は本当に皆さんお食べに

ならないので、丁度よいとのことでした。ちょっとお話するだけで勉強になります。

 

夕刻から、東京に戻って反省会をしました。ある事業所で朝の前日調理が問題になっていますが、

やはり朝は無理に副菜をつける必要はないのではないかなどと意見が飛び交いました。そうすれば

皆がムリの無い運営に行けるということでした。

この事業所で今までの方針とは違って、急にやり方を変える案がでてきて混乱したことが話題に

なりました。仕事のやり方がおかしいよね、どこで急に方針が変わったのか誰もわからない、誰にも

説明がない、献立をたてる人だとか関係者にどれだけ負担がかかるかなど何も考えていない……。

方針を変えるのはしっかりした企画と話し合いを繰り返して固めることが必要です。

 

 

- | 07:04 | - | -
継続は力!決めたことはやり続けよう

昨日は、遅くなりましたが、社内報を入稿しました。いくら忙しくても自分の都合で遅れては

いけませんね。反省です。社内報には私どものすすめる規模別業態別の販売システムを書きました。

昨日は、いろいろな方が訪ねてきてくれました。京都の古い友人がジアを使った新しい洗剤の

ご紹介をしてくれました。この手の話はごまんとあるのですが、何か取り扱いが簡単で、安全で、

保健所対応もよくできているようで、何かに使えそうな予感です。調べてもらうことにしました。

 

また、業界の先達で、時々ご指南をいただく方が寄ってくれ、大きな契約変更の話の内幕、

新しい受託店の進め方と人材の紹介、そしてご紹介をいただいたお客様の情報交換、地方の病院

移転に関する付帯事業の提案、新しく私が突っ込んでいる海外の話や国内の話のアドバイスをいただき

ました。いろいろやってこられた方で、転ばぬ先の杖、何でも相談できるのはありがたいことです。

ご紹介をいただいた人材に早速連絡を取っていました。

 

 大変面白い参考になる本です。考えてみると私もほとんど独学だ。

 『漫画以外の教養や知識が最後にものをいう・また、普段の勉強

 も必要で、漫画本ばかり読んでいては駄目である・文学や科学書

 紀行、評論集などの本に親しんで、知識を広めることだ』

 (手塚治虫、漫画の描き方)

 

 『将来を、あらかじめ見据えて、天と店をつなぎわせることなど

 できません。できるのは後からつなぎ合わせることだけです。

 だから、我々は今やっていることが、いずれ人生の何処かでつな

 がって、実を結ぶだろうと信じるしかない』(ステーブ・ジョブス)

 

  

最近、褒められることがいくつかあります。私どもの会社を探してきてくれる人が、このブログを毎日

書いていることをほめてくれることが多くなってきました。内容は別にして、毎日書いていることに

驚かれる。私としたら歯磨きのように毎日の日課になっているので、面映ゆいことです。

続けているといいことが起る、成果につながると研修でもいっていますので、うれしいことです。

もう一つ嬉しいことがありました、ある会社の二事業所の受託が決まったのですが、仲立ちをして

くれた人も周りの関係者も、私どもの受託がうまくいったことに驚いているようで、梅本マジックですね、

などといっていただきました。私どもは接待などほとんどできませんが、有力な人をご紹介申し上げたり、

物件をご紹介したり、業界の新しい動きや私どもの他のお会社とは違う取り組みをご紹介したりしています。

そんな自分流のやり方でも、いいんだよと言われたような気がしました。嬉しいですね。

 

 

- | 07:08 | - | -
これからの給食を、これから給食とハイブリッド給食と名付けました

昨日は、社労士の先生が来てくれて、人事関係の各種改善課題を打ちあわせました。新賃金規定

設計の考え方を近い将来を含め話し合いました。直近ではみなし時間外を減らして基本給を上げる

事を考えています。これを実行していくには、全員が時短を意識した仕事をしていかなければなり

ません。期の方針に沿ってパートさんの戦力化の一環で、昇給・昇格のルールを話し合いました。

パートさんの規程もしっかり入社時に話してあげることが大切なことも話し合いました。来年4月

から始まる無期転換が始まりますが、上限も話し合いました。

 

 

時短と言えば、現場での工夫とともに、本部でも業態別の給食システムが固まってきました。

小規模高齢者施設向けの、献立と介護食を提供する『アルス・ケータリング・システム』。パートさん

だけで比較的小規模の介護施設の受託をする『アルスこれから給食』。中規模介護施設や病院の受託

をするアルス蒲田方式給食と商品ラインが揃ってきました。

蒲田方式は、私どもの現場調理とオリジナル加工食品との組み合わせで、生産性の高い給食を実現

する方式ですが、何かいいネーミングがないかと栄養管理のメンバーと話し、『アルスHB(Hybird・

ハイブリッド)給食』と名付けました。楽しみが広がります。

景気づけに、来年4月に始まる110床の特別養護老人ホームの受託が決まりました。アルスこれから

給食になるか、アルスハイブリッド給食で行くか、楽しみなことです。

 

午後に、大きなコンサルティングハウスの方が寄ってくれて、ある同業の買収案件の紹介をしてくれ

ました。人がいないので飛びつくわけにはいきません。これからは、この手の情報、病院・介護・

給食あわせて飛び交ってくるのではないかと感じました。

- | 06:48 | - | -
Faster, Safer,Ceaper…より早く、より安全に、より安く

昨日は、母校の関係の昼食会に出席して、8Kを応用した医療の話を聞いてきました。8Kとは

放送技術で、2Kが200万画素の今のハイビジョンですから、8Kはその16倍の解析度をもち、

その技術を医療に応用する、特に内視鏡施術に応用していくという試みです。今の内視鏡のカメラ

は2K、それと比べると本当にくっきりと血管一つ一つまで鮮明に映り、手術の精度が格段に

上がるといいます。本当に医療機器の進歩は目覚ましいですが、その一つでしょう。

そこの会社で開発者でドクターの会長さんの千葉さんは、この素晴らしい技術をどうやって伝えて

いくかに苦労されているようです。

その後苦労を、アップルのスティーブ・ジョブズの言葉を引いて説明をされていました。『多くの

場合、人は本当に欲しいのが何であるかに、実際にそれを見せられるまで気が付いていない。』

コロンブスの卵ではないですが、ものを見せられて初めて、アぁ自分の欲しかったものはこれなのだ!

と気が付くのだというのです。本当にそうですね、スマホでも、コンビニでも、ビートルズでも

100円ショップも、ユニクロも、食事も医療機器も今までなかったものを初めて見て驚くのですね。

 

  

 

医療界にとっても、人体に圧倒的に負担が少ない内視鏡施術で、より安全に、より簡単に、より早く

退院でき、病院にとっても病床回転率が上がる…トータルで安いということです。Faster,Safer,Ceaper、

より早く、より安全に、より安くがアメリカ人などが心を動かされるキラーワードだと言われます。

私どもの給食技術も同じだなと思いました。より簡単に(インシデントが少なく)、より安全に、

より安く(仕組みで、トータルコストの削減)が合言葉で、まだ知らない人に広く目に見せてあげな

ければなりません。

 

 

 

夜に、マイクロRNA検査と温浴施設を合わせて、癌治療や生活習慣病の予防に役立てようと努力

されている方と再度お会いしました。マイクロRNA検査で、前癌症状が発見されても、直す手立て

がない、それができるのはこの温浴施設…楽しいですね、夢がありますね。本当なら、国の医療費を

治療から予防にかえ、大きく削減する引き金になります。これも、こんなことがあるのか!と見せて

あげなければなりません。楽しいですね。

- | 05:12 | - | -
ゴッホ展にいってきました

昨日は、来年に向けての開発目標を整理していました。何も手を打たないとどんどん複雑化する

献立などを単純化(共通化)することを考えていました。これからの時代考え方は単純にわかり

やすくしておく必要があると考えています。本当に生きていくのに大事なものは多くない、仕事

でも本当に大事なものは多くない。違いにばかり目を向けてきたが、同じ良いところを見つけて

行こうと考えていました。

 

昼から、上野の東京都美術館へ行ってゴッホ展を見にいってきた。ここ二週間はずっとゴッホです。

どうも自分も、武者小路実篤の白樺派のように、もちろんゴッホの絵は大好きですが、悩める人、

人間ゴッホに興味があるようです。ゴッホの手紙を読んで影響されてしまったのかもしれません。

 

『種まく人』ゴッホ。 神の言葉を種まく人になりたい…。

 

戻ってゴッホの画集をもう一度見直してみた。

 『白い雲のあるオリーブ園』ゴッホ。

 

『僕は人生においても、絵画においても、神などなしでもやっていけるが、僕のような苦しみの多い

人間は、自分より偉大な何ものかなしにはやっていけない。それは僕の生であり、創造の力だ』

『それでも僕はーこの言葉を使っていいなら―宗教の必要を強く感じることがある。そういうとき、

僕は夜、外へ星空を描きに出る』(ゴッホ)

- | 05:43 | - | -
| 1 / 693 PAGES | >>