タイトルロゴ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
問題は、自分の問題。

昨日は、旅行の関係先に連絡を取っていました。仕事はこれから始まります。楽しみです。

いろいろな人がいろいろなことを報告をしてくれて、スピード感が上がってきました。スピード

は今どきの誠意を表す表現の一つですから、うれしいです。特に新設した調理指導部の報告は、

現場の様子や調理運営に関する問題点がよくわかって有り難いです。調理温度が普段やっている

温度では高すぎるのではないか、調理ノートがまだないので早く作ってメモしておく必要が

あるなどと聞くと、うれしくなります。今度は受ける方が、真摯に受け止め。話し合いや修正が

進むとどんどん良くなるサイクルに入ってくるはずです。

逆に、報連相が遅いところは問題があるところです。なぜ遅れているの、何が問題?と聞くと

意識が足りない、やる気がない、モチベーションが上がらないなどという人がいます。

クレーム対応に意識の高い低いは関係ありません。すぐにどう対処するかだけです。お客様は

そこだけを見ている。報連相をするのにモチベーションの高低などということは関係ありません。

やらなければいけないことやるだけです、上司はそこだけを見ている。

昔の哲人の言葉が浮かびます。何事も自分の捉え方です、仏陀も同じことを言っています。

マルクス・アウレリウス『君が何か外的の理由で苦しむとすれば、君を悩ますのは、そのこと

自体ではなくて、それに関する君の判断なのだ』

エピクテートス『君をののしったり、打ったりする人が、君を酷遇するのではなくて、かかる

ことを恥辱だと感ずる君の意見こそ、君を蝕むのである、だから何人かが君を怒らせたなら、

実はその人ではなくて、君自身の意見が君を怒らせたのである』

 

 天気予報が当たりました。

 

昨日は、すごい雪でしたね。東京の交通インフラは、あっという間にやられますね。品川や

渋谷は散々だったようですね。家内から、どこどこの線が止まった、どこどこで入場制限をして

いるなどの情報がメールで入ってきましたので、うんと先の駅までいってから、直通の電車に

のって帰ることにしました。それでも一駅一駅止まりながら2時間半かかりました。

一番助かったことは、家内が電車に乗る前にトイレも忘れずにね!とメールしてくれたことです。

折角乗れて座れた電車ですが、トイレの心配がなかったことが一番でした。

全く、子供みたいなものですが、助かりました。

- | 07:51 | - | -
中国へ行ってきました(その3洛陽)

昨日も、医療用食種食品の中国での製造販売の可能性を話しをしました。やりたいことは沢山

あるが、どれから始めるのか、どうやってやるのかということを話しました。

私どもとは食事ではないので直接の関係は有りませんが、医療とも関係してくる付帯事業として

何が、日本と中国の間に入ってお手伝いできるのかを考えました。

今年の気の流れは、自分がやりたいやりたいということではなく、頼まれごとがやってくる、

それは自分ではやったことがなくても、やれそうでなくても、すぱっと乗ることが大切というのが、

私の師匠の教えでした。なのでお手伝いをしていきます。何が始まるかわかりませんが、何か

大きなものがうごめいているような気がします。

 

 事業開発チームの皆さんと

 

ちょっと時間をとって、世界遺産の竜門石窟に行きました。何万もの石窟に、数百年かけて寄進

されほられた仏像群が!それは見ごたえがありました。騒々しいくらい賑やかなビジネスシーン、

スマホがあれば何でもできるといった、ちょっと異様なくらい進んだハイテク文化。

そんな中で、この世界遺産と夜にいった中国式マッサージは、一服の清涼材でした。

 

 

 

伸びゆく中国の姿を実感しました。皆、自信を持ってやっている。これから世界をリードするのだ

という高揚感がみなぎっています。

若手官僚と話しても、経済は中国の方が圧倒的に勝ってしまったが、文化や伝統、日本人の秩序を守る、

美しい姿は、何年たっても追いつけないだろう、などといいます。ちょっと悔しい思いです。

経済でも頑張らねばなりません。

 

- | 08:13 | - | -
中国へ行ってきました(その2洛陽)

二日目は、朝から移動し、洛陽に行きました。唐の時代の長安(西安)と都を行ったり来たりした、

古くからの都市です。しかし、昔の面影は全くありません。農村だったところにも高層ビルが建ち

ならび、風景は一変しています。則天武后や白楽天の面影を探しましたが、遺構がのこっている

だけです。日本もそうですね、発展するためには、昔の思いに浸っている暇はないのでしょう。

 

 

河南省は、人口1億人、首都開封には1千万人、洛陽には600万人の人口とすさまじい。バイオテク

ノロジーの特区とされていて、多くの投資が予定をされているようだ。写真は軍の病院、3000床。

この手の病院が1500もあるという。昨年3月に医療用食品の法改正があり規制が緩くなったことも

あり、新しいマーケットが広がってくることが予想されている。またこの地は、バイオテクノロジー

の特区にも指定されていて、様々な優遇措置もうけられるそうだ。

給食はまだ、自宅から持ってきたり家族が調理する段階。医療用特殊食品(経腸栄養材など)の可能性

につき議論をしました。何せまだ始まったばかりの市場であり、アメリカ企業を中心に数社が入って

いる市場だが、今後このマーケットだけで2兆円を超える?日本の給食マーケットより大きい!

数は力だということをまざまざと見せつけられる思いだ。

 

 

健康食品を作って販売している会社にお邪魔をしました。ここでもマーケットが大きい、毎週

アリババやその他のネット通販でイベントを打つと、一日でたとえばマカの錠剤が4千万円も

売れていくそうです。恐ろしい、まさにここでも数は力だということを思い起こさせてくれます。

 

- | 07:44 | - | -
中国にいってきました(その1北京)。

一昨日から中国へ行っていました。市場視察と打ち合わせです。中国は久しぶり出し、北京や

洛陽といった、まだいったことがないところなので何とも楽しみでした。まあ、ここ十五年、

特にオリンピック以降すごい発展で、皆が自信を持って働いている姿が特に印相的でした。

 

 

まず、北京について早速、日本大使館に表敬訪問をしました。大使や医療関係ということで、

駐在の医務官や厚労省出身の一等書記官などもご紹介いただきました。大使の医療介護は

今すでに中国で大問題になっている課題、是非すすめてください。人口が多いので、日銭

商売というか一品の儲けは小さくとも数を売ることを目的とされると良いでしょう。

日本の技術といってもあっという間に追いつかれる、3年はもたないでしょう。いかに現地の

方と信頼関係を築くかが大切になる、とのアドバイスをいただきました。

 

 

夜には、同行した方の現地の友人たちと食事をしました。友人といっても、日本でいう厚労省の

役人さんとか、製薬会社の社長さんたちです。皆さん仕事も普段からスーツなどを着ないで、ラフ

な恰好が当たり前です。ご一緒したのは、皆さん成功した人たちですが、皆さん日本人が大好きです。

一緒にやらなければと思っておられます。私も日本のマスコミの影響が大きいのか、先入観で眼鏡を

かけてものを見ていましたが、皆さん本当にしっかりしていて、まじめで人懐っこく、お付き合い

していきたい人たちだと感じました。

 

- | 07:14 | - | -
新しい風が起きてくる予感です。

昨日は、懸案の事業所の体制を決定しました。また新しい時代がやってくる、新しい風が

起きること期待です。

既存の事業や事業所をよろ大きく育てるために、別事業にしてやろうと考えていて、いろ

いろな人に相談していますが、自分がやりたい!と手を挙げる人が出ました。うれしいですね。

新しいスポーツ栄養と絡めたパブリシティーもスタートさせること決定をしました。新しい

目標設定や新しい結集軸ができること期待です。

今年は、会社にも個人にも人生の転機がやってくる時、大いに期待をしていきましょう。

 

 種まく人になろう!

 

私の友人の、ネットワークの達人とあいました。私どもの商品をブランディングしていくには、

どんなやり方をしていくのか、ディスカッションというかお話を聞きました。

宣伝広報を考えると、これだけものや情報があふれる時代、地味な宣伝などありえないよ!

とも言われます。特長をどう出していくか、独自の訴求を何でするか?難しいテーマです。

広報活動など、それだけで飯を食べている人なので、バカ高いものになる。一度始めたら

止められないので、まともに遣ったらじゃじゃ漏れになると恐ろしいことをいいます。

彼のネットワーク力はすごく、それこそシティーホテルの総調理長をナットワークをされて

いる。料理ボランティアの事務局として、うるさ型束ねて被災地などの慰問を繰り返しておられ

ます。そのネットワークと一緒になって、ホテルオークラの、ホテルニューオータニの、…・

総料理長さんたちに介護の食事を作ってもらい、また一緒に作ったりして世に問うていけば、

こちらから売り込まなくてもメディアが寄ってくるといいます。

介護の業態が、価格帯が違うのだが…いろいろな問題があるが乗り越えられないことではない。

よく考えてみたいと思います。お金の事ばかりが頭をよぎりますが、それだけの世界ではないよ!

といわれます。これからは、ビジネスモデル特許ではなくて、志(こころざし)モデル特許の

ようなものが、重要になるだろうといっています。

私どもも、志高くやっていきましょう!楽しみです。

 

今日からちょっとだけ旅に出ます。旅の報告楽しみにしていてください。

- | 02:39 | - | -
| 1 / 705 PAGES | >>