タイトルロゴ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
偉い人と会うときは、メモをしたためて。

昨日は、今日お会いする病院の院長先生に提出するメモを作っていました。理事長先生や院長

先生などには、頻繁にお会いするチャンスは少ないので、お会いする際には紙一枚のメモを持参

するようにしています。私どもの状況や課題、お願いしたいこと、また興味を持ってもらえそうな

ことをしたためていきます。わたくし流の定期便です。

皆さんへの定期便、社内報やニュースレターを書き始めましたが進まない。そして今週提案をする

セントラルキッチンの企画を書き始めましたが。これまた遅々として進みません。

 

 

立川談志さんの口座のCDを聞いてみたりしながら、気を紛ら

わせてみようかとしましたが、かえって集中して聞かなければ

ならず、疲れてしまいます。さっとスポーツジムに出かけました。

談志さんと言えば、昔御嬢さんがが六本木でミニクラブをやって

おられましたが、今はどうされているでしょうか。

何回か通いました。バブルの時代を思い出します。

 

 

 

・物事のチックは2か月ごとに、課題を一つ一つ明確にする

・向上心の無い努力は無意味 いくら頑張っても結果が出ない人

 は、間違いなく「今より良くなろう」という意識が欠けている。

・私はどんなことでも、成功は、準備がすべてだと思います。

 ビジネスでも勝ちたいなら、相手を上回る準備をするしかない。

・努力は100%のものでないと意味がありません。80%や50%

 のものなど、そもそも努力ではないのです。

・サントリーの「やってみなはれ」の素晴らしさ。ミスを恐れない精神。

・上司などのリーダーになったとき、最も大切なのは、自分が部下

 だった時に、どう教えてほしかったか、とう扱ってほしあったか

 思い出すことではないでしょうか。

・勇気とは慣れ親しんだ自分を捨てることなのです。

・言い訳こそが成功を阻んでいることに、人は気づくべき。

・心配ほど無意味なことはありません。心配が何かを変えることはない。

 コントロールできるとこだけを考える、コントロールできないことは放っておく。

・プロとアマチュアの違いは、プロは結果が出なければ責任をとらなければならないということ。

- | 06:13 | - | -
スポンサーサイト
- | 06:13 | - | -