タイトルロゴ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
Sponserd LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新しい人が来てくれる、何とも嬉しいことです。

昨日は、何人かの面接をしました。ずっと接遇をやってきた方が飲食に移りたいといって応募

してきていただける方がおいでになります。嬉しいですね。やはり接遇は人対人、自分が素直

に出ますから大事なことです。特に飲食は、店の雰囲気を作っていくのが、料理であり、店で

あり、従業員です。特にお客様は従業員につく、従業員の醸し出す雰囲気が大切だと考えています。

店は、その店に集まってくれるお客様が一番の販促、いいお客様がいいお客様を呼んでくると

いうことです。そのお客様はそこの従業員に引かれてくるのですから、大切です。常日頃から、

大げさにいえば、人格の向上に励んでおかなければ、お客様に見透かされてしまいます。

 

開発系の方も、面接にきてくれました。献立開発、飲食店開発、CK開発と案件が目白押しです。

昔前職で飲食店開発をやっていた時のことを思い出します。私はその時管理職になっていたので、

プロデューサー役(人・モノ・カネの算段、渉外)で前に出ることはなかったのですが、ディレクター

(監督・全体管理)役を指名し、デザイナーを指名し、厨房や料理を開発するフードコーディネーター

を指名し、ホールやドリンクを担当する運営コーディネーターを指名し、チームで店を立ち上げて

いきました。いい思い出です。バラバラにならないように、はじめにしっかりコンセプトを固め

ていくのが大切でした。メニューはそのコンセプトに沿って開発する、価格・皿数・原価の組み立て

をしっかりする。スペースを考慮し、仕入れの加工度を決め、作業性の良い厨房を決めていく。

相当な力量です。有名ディレクターと一緒に開発を経験した人が参画してくれる。何とも嬉しいこと

ではないでしょうか。

 

 こんな繁盛店があり

ましたと写メールを送ってくれました。地場の野菜を使ったパスタやサラダ!、おいしそうですね。

 

そういえば、任せっぱなしにしていた、レストランのことが気になりました。レストランを別会社に

して思う存分やりたいことをやってもらおうと思って。口を挟んでいませんでしたが、延期としました

ので、ちょっと自分の目で見返してみました。コンセプトとメニューと看板が一貫していないので、

もう一度見直しを指示したところです。

- | 07:49 | - | -
スポンサーサイト
- | 07:49 | - | -