タイトルロゴ
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
地元を盛り上げることをやっていきたいですね!

昨日は、ユニークなお客様とお会いをしました。地元のBリーグのアースフレンド東京Zの営業の

方とお会いをしました。暮に皆と雑談していた時、何か皆で一緒になって応援できるものがあったら

素晴らしいね、と話していたので、総務のメンバーがコンタクトをとってくれました。

このチームは大田区体育館を本拠地とし、大田区産業会館の横に本社を構える、まさに私たちの

地元です。どんなことを望んでいるのか、どんなことでお役にたてるのか、話しをしました。

私たちの方針発表会に来てもらう、観戦ツアーに行くなどと並んで、私たちは食事の会社、食事で

何かお手伝いできないかと申し入れました。

そういえば選手は若い若者、本当は栄養管理などしていかなければいけないのでしょうが、チームに

栄養士もおらず、食生活は満足できるようなものではないということです。ときどき、私どもの

製品をお配りして食べてもらう。スポーツ栄養をやりたい栄養士も多いので、チームに献立を提供し、

時々テストキッチンによって食べてもらう、そしてそれをPRとして使わせてもらうなどの逆提案を

させていただきました。何か地元で、私たちの得意な分野でお手伝いさせていただけたら、こんな

うれしいことはありません。

 

 

 

午後から、オフィースに弁当を配置する事業を展開している方をご紹介いただけました。もともと

本業がITの会社で、工場を持って全く違う食事のビジネスをされています。なぜ、この仕事を

されたのですかと聞くと、ITの仕事が忙しくなると、技術者はほとんど缶詰めになる。またもともと

内向きな人間も多く、ほとんど外にでることも少ない。健康診断で皆さん悪い結果がでてくる。

食生活を聞いてみると、朝はウィダーゼエリーのようなもの、昼はコンビニおにぎり、夜はカップ

ヌードル的な生活。これではダメだということで、食事のビジネスを始めたと言われます。

社員食堂がない会社も多い、本社にはあっても営業所にはない会社も多い、そんなところに配置拠点

を作っているそうです。何かコラボができないか、話し合っていくことにしました。

私どもの関係先でも、病院の夜勤や早朝勤務なども、食事状況は劣悪です。何か考えてあげられないか

とおもいます。

私どもの会社もやっていますが、オフィースグリコなど会社への配置おやつなども増えてきています。

どんなことができるのか、いろいろ考えて行くのは楽しいですね。

 

- | 06:11 | - | -
スポンサーサイト
- | 06:11 | - | -