タイトルロゴ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
後方支援が大事だな!

昨日は、教育研修体系の整備をもう一度確認をしました。会議が研修といっていますが、

会議体と研修を結びつけて行います。月間のスケジュールにリズムをつけて出席が楽しみ

になるような研修にしたいと考えています。

入社時の研修(キャリアアップ研修及びリフレッシュ研修、及び意見交換会)とともに、

毎月、第二週火曜日にチーフ対象のチーフ会議と総務研修担当の行う社内研修

第三週に行う、全社員対象の栄養士・調理師研修とその後の意見交換会

第四週水曜日に職場の代表のHACCPリーダー会議(チーフとは別の人を選別)

年二回、各自資格に合わせた外部研修(昇格に必要な基礎知識の習得)というのが会社で

用意する今期の研修です。

また、社員必携、これだけは覚えよう、などの方針書・ルールブックを配布し、皆の共通

言語として、職場のOJTの導入のテキストとして使ってもらいたいと考えています。

楽しみです。研修後は講師や先輩を囲み意見交換会をすると、方針書にも書きましたので、

初めての顔合わせのキャリアアップ研修の最後、全員が集まる栄養士・調理師研修の最後

には私も出席して皆さんと意見交換をしたいと考えます。ますます楽しみですね。

 

 

研修担当や新設した安全衛生担当の緻密な全体計画の組み立てと、意欲的

な実行計画の

組み立ては素晴らしい。昨日は、安全衛生担当に、仕入れ購買の見直しというもう一つの

大きな仕事をお願いしましたが、早速全体像を把握し、詳細計画まで作ってきてくれました。

今まで、単発でやっていたことが、点が線につながっていく感覚です。

ラグビーでいえば、一番前のプロップ、フォワードの後ろのNO.8、ハーフ団、そして

最後尾のフルバックの縦のラインが強ければ、ちょっとでは崩れないと言われますが、

会社でも総務経理、教育研修、安全衛生といった縦のラインが固まってくれば、ちょっと

やそっとでは崩されなくなってくると考えています。たとえが悪いですね。

戦争でいえば、計画を立てる戦略部門、実際戦争をする戦闘部隊が素晴らしくても、兵站

部門(後方支援部隊)が悪ければ、勝利を得られないという事です。必要な兵員や武器や

食料や衛生品を必要な時に届けられなければ、士気が下がり、采配を間違え、戦闘にまけて

しまうという事です。

戦いたくても、訓練された人がいなければ戦いにならない。必要な教育がなくすぐにやめて

しまったり、最新機器が整備されていなかったり、あっても使い方が分からなかったり、

仕入れ購買の効率的な計画が不足していたり、情報連絡システムが遅れていて情報の流通が

悪かったり、給与や福利厚生などの人事労務施策がが整備されていなかったりしたら、

勝てない=評価は得られない、解約対象になるという事でしょう。

もちろん反対もありです。兵站部門がいくら優秀でも、戦闘部門がへなちょこなら、問題は

絶えないという事です。クレームは絶えないし、人心は安定しないという事です。

 

 

 

- | 05:53 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 05:53 | - | -
コメント
コメントする