タイトルロゴ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
はじめが肝心

昨日は、朝から、宿題をもらっているあるCK(セントラルキッチン)の企画を立てて

いました。まだ企画のはじめのはじめの段階ですから、今できる最高の物を入れてみよう

と考えました。

調理したものを再加熱カートに入れて運ぶ、ご飯も汁もCKで盛りつけてしまう。一口や
キザミやミキサーもCKで調理し盛り付けてしまう。洗浄もすべてお皿を回収してCK

でやってしまう。施設のサテライトキッチンに残るのは、配膳と下膳のみということで、

サテライトにはほとんど人がいらなくなります。

さて、この投資はいくらかかるのか、運営にはいくらかかってくるのか、それと現在の

クックサーブと比べて、どんな人・モノ・カネの優位性があるのかを見ていかなければなり

ません。10年スパンの優位性検証が必要でしょう。短期的には今の方法が良いが、長期的

にはこちらの方が良いなどと、シュミレーションを繰り返さなければなりません。

どなたか、頭が良い人のサポートが必要です。楽しいけれど大仕事ですね。

こんな企画を立てると、人を集めるのが大変だできるわけがないという人が出てきます。

やらされたらたまらない、と言って尻ごみをする人もでてくるでしょう。その時になったら

その仕事にふさわしい人が現れてくれるか、育ってきてくれるはずです。また、いろいろな

人の出会いがあるでしょう。それもまた楽しみなことです。

 

 第四の消費という言葉を知りました。物の豊かさから人間関係

の豊かさへ、私有思考からシエア思考へ、ブランド志向から、シンプル・ナチュラル思考へ、

都会志向から地方思考へ……。共感するところありますが、ちょっと煩わしいかな?自分流で行こう。

 

事業所の状況を聞いています。期待していた人が、何となく元気がない、自信がないなどと

いっているという報告があります。そんな時、いつも考えるのが、組織を作っているのか、

その人の立ち位置を決めてやっているのかという事です。

私どもの会社では、経験者採用も多い、私どもは、その方の経験を最大限生かして働いて

いただこうと考えている。将来は、この事業所の責任者含みで入ってもらっているのに、

そのことを、責任者にも伝えず、メンバーへの紹介の時もそういったことをなにも言わない。

現場のメンバーの皆さんは、調理師さんが一人増えたと思っているだけだから、経験あるんだから

教えなくてもできるでしょと何も教えない。事業所の立場もないから、どこまで会社から期待

されているのかもわからなくなり、どこで何を貢献したらいいかも分からなくなって、いやになる。

そんな危険を感じ取れるリーダーがいればいいですが、人事に無頓着なリーダーがいるところは

問題です。調理師だったら、調理技術や現場回しの能力だけを評価してしまい、その人の持つ、

全体を見る力や、管理能力などを身をとしてしまいがちです。

以前、運営全体を見てもらうことで入ってもらった調理師さんも、あの人は役職がついていない

から、おれはあの人の事なんか聞かないという話が上がってきたことがあり、急遽、責任者の

辞令を出したことがありました。

何事も初めが肝心です。後で何かをやろうとしても、切り替えには、5倍のロスと5倍の労力が

かかります。もう一度見直してくれと言いました。

- | 07:44 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 07:44 | - | -
コメント
コメントする