タイトルロゴ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
改善のチャンスはいたるところに転がっています

昨日は、経営会議をやりました。皆さんのおかげで成績は安定してきました。嬉しい

かぎりです。しかし危うい、なぜ危ういかと考えると、上席の人が、本当に会社の方針

や計画を理解していない(先日方針発表をやってもらったばかりですが、自分の物に

なっていない)。と同時に現場のことを見ていない、だから上司や現場の交通整理を

やっているだけで、何かあるとフラフラ自分の意見なく揺れ動いてしまいます。

まず現場のことを理解し、定見が持てるまでは、現場に張り付いてくれといいました。

昇格の推薦も打ち切りましたが、ほとんど上がってこない、部下を正当に評価してやり、

部下を引き上げてあげるのが、上司の役割の一つだと思いますが、皆さん部下には厳しい

ですね。自分の時も未熟で何もできなかった?自分を引き上げてくれた上司がいるはずです、

期待して見守ってくれた上司がいるのですね、それを忘れて、今の自分と候補者を比べて

いるのですね。再考してもらいました。

 

後の雑談の方がおもしろい。千葉の事業所と広島の事業所と東京の事業所では、同じ献立

で、やっているはずですが、仕入れ業者が違うので仕入れ商品が違っていて、現場の作業が

違っている。例えばフルーツ缶でも、この事業所は、形から一口までいけるが、この事業所は

一口にするには、包丁を入れなければならない、横の連絡がないので、本部も商品を指定

していないし、現場は、今やっていることしかわからないので、こういう商品がないかと

聞くこともない……改善のチャンスです。

本部で立てる献立は、例えばみそ汁の具でも、今日はもやし、明日ももやし…??やはり

クレームになる。本部は献立の原価を収めることを優先しているようだが、少なくとも

みそ汁の具ぐらいは、現場で修正できるようにならないか?…介護施設の栄養士は、献立修正

ができる、病院栄養士は献立立案ができるが栄養士の技術目標です……改善のチャンスです。

 

早くいってよ〜、名刺管理ソフト

楽々清算、いずれも導入すれば楽だそうです。

 

総務と話しました。一昨日の東京瓦斯さんのワクワクワークが素晴らしくて私どもがやって

きたことを体系立てて推進してみようと考えました。私どもはハッピーワークです。

1、ワイワイワークは、チャットワークでフランクに報連相ができるインフラを整備する。

 テレビ会議をいつでも使えるようにする。顔写真入りの社員名簿をつくる。

 会議室、休憩室を工夫する。

2、どこでもワークは、始めた在宅勤務を広げること。在宅勤務やテレワークの成果物

 や進捗報告をどう受けていくかを考えること。

3、おまかせワークは、ACS事業部の基幹システム開発もそうですが、運営部でも献立から

 数だし、それを配膳車毎に表示、それをデジタルサイネージで厨房に表示し業務を楽にする。

 発注システムの幅広い活用。過去の企画書やクレーム報告書や見積書などを検索でき、誰もが

 活用できる検索システム、名刺管理ツールの導入で、個人の知恵を会社共通の知恵にする。

 楽々清算システムの導入。

いま思いつくのは上記ですが、半年間の期限で会社全体の働き方改革を考えて実験を進めて

ほしいと言いました。まず、上記をやるには、スマホがあれば大半のことができることが

分かりました。社員全員に、会社からスマホを支給することから始めよう、などと話しを

しました。楽しみです。

 

- | 06:41 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:41 | - | -
コメント
コメントする