タイトルロゴ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
販売先開発だけでなく、販売チャンネル開発も

昨日は、外部衛生検査をお願いしているお会社が挨拶に寄ってくれました。丁度20周年

だそうです。前職の先輩からお声をかけていただいたお付き合いも随分経ちます。丁度

お互いの会社ができてすぐからおつきあいをさせていただいたことになります。安全衛生

は生命線です。HACCPリーダーも作り活動も活発化させます。これからもがっちり

連携をしてやっていくことをお願いしました。

今期、外部研修をお願いするお会社の方が、社長の考えをインタビューするということで、

おいでになりインタビューを受けました。将来3年後・5年後のビション、大切にしている

価値観、人・組織の課題、特に教育研修いきたい層、身に着けてほしいスキル、などなど

大変難しい質問です。

3年後、メンバーの積み上げでも、売り上げは150%伸びる、それにつれて人材も130%

以上必要となる。その際カギになるのは、中間層の皆さんが如何に力を発揮できるかに

かかっている。今のSV・マネージャー・チーフ+チーフ候補の皆さんだ。

私どもが大事にしているのは、ハッピーダイニング=お客様・仲間・自分のために改善活動

を続けること。職場の問題を発見し、改善を企画推進する力=誰が何をいつまでにどうする、

を考え、やりきる力・仕組みとしてまとめ上げる力が必要。そして決めたことを現場で、

やり続ける実行力が必要、話し合いをしてメンバーに意義を伝え、自ら率先して取り組み

メンバーを引っ張る力、モデルとなる人が必要といいました。

どういう研修内容になってくるのが楽しみです。

 

午後に、私の前職の同期が訪ねてきてくれました。栃木県で老舗の大手酒問屋を営んでおられます。

先日の同期会で、販売先の多様化などの話が出ましたので、酒だけでなく、市場が伸びる、

介護の方にも目を向けてみたら、ということで、テストキッチンにきてくれることになり

ました。もともと老舗の大旦那ですが、進取の精神に富んだ方、アルス・ケータリング・

システムにおおいに興味をもっていただけました。

市場が激変している、流通業界。生き残りも必死です。私どもとしたら、地場に根付いた

大きな酒問屋さんが販売チャネルになってくれたらこころ強い。お互いにメリットを見出す

ことができるのではないかと考えています。楽しみです。

 

←アルス・ケータリング・システムを使って

受託するアルスkorekara給食システム。昨日、建て替え中の病院がこのシステムで建て替えの

期間、受託をお願いできないかと、大手厨房業者さんから打診がありました。

- | 06:17 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:17 | - | -
コメント
コメントする