タイトルロゴ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
何故?なぜ?もっと他に方法はないの?

昨日は、事業所責任者(チーフ)会議をやりました。丁度昇格の面接があったので、遠く

熊本や広島からも初めての人も参加してくれて賑やかな事でした。みんなが来てくれる

数少ない会議体です。皆さんに何をお伝えし、何をもって帰ってもらうのか、よほど考えて

いかないと実のある会議になりません。

昨日はSVは事業所の政策的なことの課題と進捗、チーフには現場での課題と進捗のこと

をいってくれとお願いしましたが、難しいのかしっかり問題を捉えて話をしてくれる人は少ない。

SVは、先月の見込み実績から、当月の活動方針を経営会議で了解をしてもらっているので、

自分の活動や事業所チーフの活動もよく話し合って理解してもらっているはずです。

チーフ会議は、前月の確定数字や、管理項目の確定数字が出ますから、当月の作戦の進捗の

確認と、作戦の修正があれば修正を発表する会議です。

チーフ会議というのは、チーフと名前がついていますが、SVのPDCAのC=確認会議でも

あります。SVの理解と準備が会議の出来を左右します。

PDCAの経営サイクルを回すのに、一番難しいのが、Cの確認といわれます。とかく計画の

立てっ放しになる。うまくいかないことをどうやって分析し、どう理解し、どういう作戦に

つなげるかが、一番難しいところだといわれます。

キーワードは、トヨタ改善方式でも言われる、なぜを繰り返す、トヨタは5回といいますが、

少なくとも3回はやりたい。そして、ほかのやり方はないの?もっと違うやり方は?と問いかける

ことだといいます。

 

 

例えば、現場では超過勤務をなくすという当月の目標を立てているなかなかうまくいかない。

SVは一生懸命、現場にきて、劣悪な業務環境をなくそうと、事務長や栄養士と対峙してくれ

ている。現場にも顔をだし、いろいろアドバイスをしている。

だけれどうまくいかない。なぜ?なぜ?

現場の人に聞くと、人はそろっているが、業務をちゃんと理解していて、自分の役割をはたせる

までになっている人がいない。何も教えないで配属してどうしたらよいの?教える時間なんかない!

施設栄養士さんが細かいことまで指摘する。いってくれているのかもしれないが何も変わらない。

SVも、こうしたらよいああすべき、などとメモをおいていく。話し合いはない。そのメモを

見るとパートさんなどが萎えてしまう。できていないことはわかるが、休みも食事も満足に

取れずにやっているのはわかってくれているのか?言いたいことはわかるけれど、要求ばかり

されて、こちらの要望は何も聞いてくれない…。

日々の数字をみると超過勤務は減っていない。なぜと疑問を持つだけでヒントは出てきます。

話し合いが少ないな、配属栄養士の研修はこうしないといいけないかな?今できることは、

こういうことだな。細かい施設栄養士さんには今度はこうやってみよう…、確認の時間をもつと

新たな作戦が浮かんできます。チーフ会議はそんな確認の会議になればいいですね。

 

 

会議の終わりは、いつも研修をやることにしていますが、昨日は今度受ける外部研修の説明を

聞きました。何か話をという事でしたので、今環境がどんどん変わっている、これからもっと

もっと早く変わっていく、そんな中で大事なのは、勉強を続けること、コミュニケーションの力を

つけること、会社としては研修をしっかりやること、よく話し合いや交流の場をつくること、

その費用をケチらないことだと考えている…、といったとりとめもないことを話しました。

研修を通して、基礎を固めてほしいと考えています。また、世間に目を開くきっかけになればよい

と考えます、給食業界にいる我々は本当に内向きの狭いせかいにいます。そこもかえてみたい。

私も先日研修を受け、一緒になった、まったく違う業界の若手の人たちと早速羽根つき餃子で一杯

やることにしました。普段は声などかけないのですが、もっといろいろな人の声を聞きたいですね。

 

 

- | 06:34 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:34 | - | -
コメント
コメントする