タイトルロゴ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
総務・経理で利益をだす

昨日は、ある医療法人にいって、セントラルキッチンの開設の相談にいってきました。先日、

企画を出し、いよいよ進める段になっていますが、その前に確認しておかなければならない

ことを何点か確認しました。事業フォーマットの件、栄養基準・献立と仕入れ形態の件(どこ

までCKでやるか)、センターとサテライトの役割の分担(現行使っている厨房機器もあり

どうするかなど)などを話しました。前段の話が決まらないと、厨房設計にも入れません。

それと我々だけの力は知れているので、誰かアドバイザーかコンサルがいるというおなはしを

させていただきました。いろいろご理解をいただけてうれしいですね。進め方も、はっきり

見えてきました。

 

ご担当は、元銀行の方で、いろいろ詳しい。銀行から有名な病院に行かれて立て直しされた

実績をもつ方で、立て直しのお話も聞きました。まず力を入れたのが福利厚生だそうです。

始めていった時、何でこの接客?と思われたそうです。接客が悪いのは、従業員満足が低いから

お客様の応接も満足なことができない、その結果じわじわと感謝数が減っていったようです。

打った手は、○○、○○、あぁ、そんなこともおやりになったのですか、といったお話も聞け

ました。また、総務・経理部門で稼ぐというお話も聞きました。保険や銀行金利なども見直さ

れたようです。総務・経理部門で生み出すお金は純利益です。そこで100万円削減できたら

そのまま利益が増える。運営で100万円の利益を出そうと思ったら、いくら売らなければならない

のでしょう。早速、ノウハウをお聞きし、ノウハウをお持ちの方をご紹介いただけました。

 

 ラーメンのラーは引っ張るという意味

 

夜に、私の中国の友人と、私の日本の友人を引き合わせました。これから中国での商売が大きく

伸びていくことでしょう。それには、信頼できる友人が、それも力のある友人がいてくれること

が不可欠だと言われます。その友人は医療の最先端の仕事をされていますが、お仲間が日本の

健康食品を求めておられるのに一役買っていたり、中国の人が日本にラーメン店の出店をする

お手伝いもされています。忙しいのに、何でそんなにできるの?というくらい動かれています。

私も仲間の一人に入れていただき、お付き合いをさせていただいているのは何とも楽しいことです。

今度、日本初進出のラーメンの店に繰り出すことになりました。そこで、中国全土に販売網

をもつ方をご紹介いただき、一杯飲むことになりました。そのうち、アルス・ケータリング・

システムを中国でやるお会社を紹介してくれるかもしれません。

ラーメンのらーは引っ張るという意味だそうですね。こねて伸ばして伸ばしていくと、4キロ

相当伸びるそうです(4キロ?400m?、たしか4キロと聞きました)、その実演をみてこよう

と思います。飲みすぎです。

- | 05:40 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 05:40 | - | -
コメント
コメントする