タイトルロゴ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
仕事で秘密にすることなどまずない

昨日は、遠く広島から管理栄養士さんが面接にきてくれました。嬉しいですね。今度ご結婚

をされるので、東京に居を移すそうです。ここ一年で地方からきてくれる方も多くなって

きました。もっともっと社宅などを整備していかなければいけない事を痛感します。

ちょっと遅くなっているのですが、社内報とニュースレターを書き始めているのですが、

今、アルスの持ついろいろな献立システムの他、今度やり始めている、アルスわくわくワーク、

ITを使った事務の合理化などとともに、社宅制度などの福利厚生のより一層の充実を図る

必要なることを、書きながら実感しています。

 

アルスワクワクワークは、アルスわいわいワークと、アルスどこでもワークとアルスお任せ

ワークからなり、いろいろな施策がついていきます。わいわいワークのインフラと言える

チャットワークによる、報連相のスピードアップと解決のスピードアップ、情報の共有化、

言った言わないを避けるという施策が始まっているのですが、やっと端緒につきました。

昨日は、ある事業所でトマトの発注を間違えて多くとりすぎたのを、チャットで情報を共有し、

あっという間に他の施設で利用してもらえることになり解決をしていました。微笑ましい!

反対に、ちょっと都合の悪いことや、分からないことをチャットにあげずに事態を深刻にして

しまうこともまだたくさん見受けられます。

特に、こんなことをあげると、馬鹿にされるのではないか、自分はできない人間を思われてしまう

のではないかと自分を気にしてチャットにあげない人がいます。またこれを書くとあの人を

傷づけてしまうのではないか、悪口を書いていると攻められるのではないかなどと人を気にして

上げない人がいます。また、これはまだ皆にいうべきではないのではないかなどと勝手に思いを

巡らして、あげない人がいます。

いずれも、考えすぎです。そんなところで頭を使うなといいたいところです。事実を書いていく

のですから(自分の感情を書けとは言っていない)、何も遠慮することはない。私どもはすべて

オープンにする、オープンにしないのは、内示前の異動状況と、個人の給与をはじめとする個人

情報と、他人の悪口だけです。仕事上で秘密にすることなど、ないと思った方が良いです。

目的と目標を分かって、ワイワイ、わくわくやっていきましょう。

 

 

 

夜に、先輩からおすすめと言われた、クイーンのことを描いた、ボヘミアンラプソディーを

見てきました。先輩は急に白血病を発症し、臍帯血移植を行い長いこと入院されていましたが、

寛解にはいり、自宅での生活に戻っています。よく昼間のすいた時間に映画もみているようです。

その先輩がおすすめというから、見ないわけにはいきません。

素晴らしいですね。聞かず嫌いでしたが、クイーンの名曲の数々も、こういう文脈の中で聞くと

こころに染みてきます。エイズで死んだ、フレディ・マーキュリーの光と影を見ていると、

泣けてしまいますね。先輩も自分の人生と重ねあわせたかな?

 

 

- | 07:58 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 07:58 | - | -
コメント
コメントする