タイトルロゴ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
お客様は、どんどん変わる

昨日は、カミさんがお墓参りなどで出かけたので、ちょっとおとなしくしていました。どうも

前日に、日本酒を飲むと途端に次の日が辛くなります。歳でしょうか?

早速前日にやった、研修会の見直しをしていました。テーマが絞り込まれていないので、聞き手

が次に何をやったらよいかわからないという指摘はもっともです。私たちは、アルス・ケータリング・

システムとアルスkorekara給食とアルスハイブリッド給食をやっていくのですから、それをやる

ための方針と必要知識と現場の人はどう直していくのか、自分は何をやったらよいのかが分かるように

しなければならないという事です。何でも詰め込もうとするのは、私の悪い癖です。

 

一昨日に、富山に出張していた開発のメンバーから、来年からの受託が決まったと連絡がありました。

病院二件の受託スタートです。今年立て替えオープンした新設病院ですが、地元の給食会社さんから

クックチルでの院外調理をすすめられ、院外調理仕様の厨房を設置されましたが、うまくいかないこと

が分かりご相談をいただきました。150床×二軒の病院を、アルスkorekara給食で始めます。

もとになるアルス・ケータリング・システム商品は、今のところ常食だけなので、治療食・禁食対応

など頭をひねることが多い。栄養士さん・調理師さんの仕組みづくりと機敏な対応が不可欠です。

私たちは、いつも一店一店がモデル店として、じっくり取り組んできました。今回も新たなモデル店

です。気張ってまいりましょう。

反対に、長いことやってきた、地方の職員食堂の閉鎖が決まりました。苦労して受託した思い出が

あるので、ちと寂しい。このお会社の受託の話があったときに、偶然に私の前職の先輩のお兄様が、

お会社の専務をされていて、頼み込んでお願いをしたことを思い出しました。関連の皆さんも

今は皆さん退任されています。お客様はころころ変わるものだと考えておいた方が良い、十年たったら

全くお客様が変わっていると思っておいた方がよい、と師匠に言われたことがあります。だから、

新しい企画ををどんどん出し、既存のお客様にも新しいお客様にも提案していく必要があると言わ

れます。そうは言われますが、お付き合いしたところは、しぶとく一生涯のお付き合いをさせていた

だいています。ここでは師匠の教えに反しています。

 

 

 

夜にテイラースイフトの2011年当時のDVDを見ていました。先般のアメリカ大統領の中間選挙で

民主党寄りの発言をして、トランプ大統領が、テイラースイフトの曲の25%ぐらい嫌いになったと

言わせた女性です。もともとカントリーミュージックの出身で、共和党の地盤とかさなっているので

共和党のアイドル的な存在だったのでしょう。7年前のワールドツアーのDVDを見ていると、

カントリーの出身らしく、ギターやバンジョーさらにウクレレなども手に取って歌っています。

なんとも可愛らしい。同世代の女性ファンが圧倒的に多く、皆歌詞を覚えて口ずさんでいます。

男の子ではなく、若い女の子がスイフトに熱狂しているのは、私には意外でした。駄作がないのは、

ビートルズとテイラースイフトだけと音楽評論家に言わしめた力はすごいですね。

 

- | 06:45 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:45 | - | -
コメント
コメントする