タイトルロゴ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
企業理念に戻って考えよう

昨日は、知財に詳しい先輩というか、先生が訪ねてきてくれました。談論風発、いろいろな

議論に、私たちの事業部のメンバーも入ってもらいましたが、その新鮮な発想に驚いたよう

です。自分たちのビジネスモデル=提供価値をもう一度見直し、お客様が私たちのどういう

価値にお金を使っていただけるかよく考えてみたいと思います。また、それを達成するのに

どんな画期的なビジネスシステムを組み上げられるのか考えどころです。やはり、ICTの

技術をふんだんに取り入れていかなければならないですね、便利なものがどんどん開発を

されています。

10年後に会社はどんな形になっているのか、会社はどんな役割を社会で追っているのか、よく

考える必要があることを教えていただきました。まずは介護施設のトータルソリューションを

提案できる会社になるとともに、介護だけではなく、人々の健康に関するトータルな価値を

提供する会社になりたいと思いました。と考えていくと、私たちのやることの方向は、当たり前

のことかもしれませんが、私たちの企業理念「一人一人の健康と心の豊かさに奉仕する」に

もどっていくことだなと気持ちを新たにしました。

 

二日前の日経新聞

に、弁当に惣菜を詰めるロボットを大学とメーカーが一緒になって開発をしているという記事が

のっていました。私どもが、給食の盛り付け作業などもっと機械化できないのか、などと話して

いますが、はやりこれからこうなっていきますね、大学に電話してみよう。

また、このICT時代に、何で栄養士が食事のチェックをダブルチェク、トリプルチェックをしな

ければならないのか、そんなの何かのセンサーで無人でできるのではないかと思ってしまいます。

また、献立を作るにしても、栄養価の細かな誤差や、たいしたことでない食材のかぶり(何故栄養士

さんは、こんなことばかり気にするのか疑問です)などは当然、おいしい料理を選んで献立を

AIが簡単に立ててくれる時代があっという間に来ると考えます。

いろいろ勉強し、いろいろ仕掛けていきたいですね。

 

夜には、今度ある会社に出向してもらう、好漢の壮行会をやりました。思い切ってやってきてほしい、

といいました。まずよく現場を見る、いいこと悪いこといろいろ気が付くと思う。いいことを一つ、

直した方がいいことを一つ発見して、こうしたほうがいいと思うという自分の考えを添えて、

トップにレポートを続けてみたらどうか、といいました。肩肘を張らず、細く長く続けるものをもって

おいたら、自分の心の健康にもよいと考えます。継続することが自分と仕事を育ててくれるはずです。

企業理念の「一人一人の健康と心の豊かさに奉仕する」のは、自分自身にも語りかけていかなければ

なりません。

 

- | 07:08 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 07:08 | - | -
コメント
コメントする