タイトルロゴ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
栄養士も調理にかかわっていく

昨日は、かねてから詰めていた社団法人日本ファンファーレ協会の会合をやりました。

こども病院や養護施設、障害者施設、介護施設などを訪問し、慰問ライブをやっていこうと

いう試みです。私などとても会費などで運営がまかなえると思えないのですが、当初発揮人

の方の寄付金で、まず数をこなしていこうと皆さん前のめりです。会合にはイベントなどの

運営のプロや販促のプロも参加して、私の知らない世界の話も沢山出てきて新鮮です。

一緒にやるのは、カラオケの雄の皆さんです。ステージも持ちタレントの卵も育成している、

イベントに必要な機材はすべてそろっているのに驚きです。

アイデアをどんどん打ち出すこの会社はどんな会社かと思ってお聞きすると、ヴィクトリアの

創業者が始められたお会社で、事業を売却して始められたそうです。ヒューマンハピネスプロ

バイダーを表明し、常に新しい空間をプロデュースする、遊び開発企業、新業態開発企業を

表明されています。その一つが、カラオケであり、レストランであり、ウエディングであり、

会議室であり、子供食堂であり、イベントなのですね。勉強になります。

 

 お会社はニュートンの発見した万有引力

の法則をもとに、人と幸せを引き付ける好循環の法則を打ち立てておられます(ホームページより)、

お会社の名前は、ニュートンといいます。

 

会議体の変更に伴い、私たちの管理シートである、先行業績管理表の内容を見直しました。

月末に、前月の実績、当月の見込み、来月の見込みが並べて比較でき、当月のレビューや

来月の作戦が明快になるものの考えてやりました。

管理項目の分析も一部見直しました、労務分析は、栄養事務と調理業務と分けて出すように

しましたが、これは分けて出す必要はないと議論になりました。私どもの会社は、経験者採用

で来てくれた方がいつも指摘してくれるのですが。栄養士の仕事と調理師の仕事が分かれすぎて

いると言われます。栄養士は、盛り付けなどは手伝うが、調理などには積極的に加わらず、

どちらかというと事務所にこもり、事務仕事にかかりきりという事を言われます。発注なども

普通に調理師がやるところも多くあるそうです。

ですから労務時間も栄養事務と調理業務を分けることなく、一緒に見るべきだというのです。

何で、うちの会社は栄養士と調理師の業務が分かれているのだろう?当初調理師主体の経営体制

を敷いていましたので、調理場は俺たちの領分として、栄養士に調理業務などに携わらせなかった

のではないかと考えています。これからの改善の要諦です。

その区分けが今となっては、栄養士と調理師の立場が逆転し、若い栄養士がベテランの調理師に

言葉遣いが悪い、時に口汚く叱責することもあるといった、恥ずかしいことがおこっている

事業所もあるといいます。私が一番嫌いなことです。

別件ですが、先日気になったことの一つに、社内で自分の部下と思われる人を、呼びつけしている

ことでした。社外に紹介する時は敬称略でいいですが、社内はどんな時でも、どんなに年の差が

あっても「さん」づけです。何か間違ってしまっているのか、知らないのか…、気になります。

 

- | 06:45 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:45 | - | -
コメント
コメントする