タイトルロゴ
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
来年のプロジェクトが見えてきました

昨日は、営業や運営の指南役がきて、いくつかの課題をご相談させていただきました。その中の

一つが、仕入れの見直しです。私の問題意識は、今まで曲りなりにやってきた仕入れの業務は

客観的に見て正しいのか、これから見直していくポイントはどこなのか、どうやったら仕入れ削減

につながるのか、といったことでした。その方は、仕入れ部門の社長をやっていた方で、その時の

部下が仕入れ購買物流のコンサルタントをやっておられて、その方もご紹介いただけました。

この業者のAという商品と、この業者のAという商品は、商品コードは同じですか?

違えています…。それはダメですね。業者から見るのではなく、商品を見ていかないと交渉は難しい。

なぜなら、今は売り手市場、業者の方が強い。会社のサイズはそこそこになっていても、一事業所

の仕入れをみれば、となりのラーメン屋と同じくらいのボリュームでしかない。客観的な全社の

仕入れデータに基づき、交渉しないと上手くはいかない、エイヤではいい交渉はできないなどと

言われます。来年早々から、見直しにはいっていきます。楽しみです。

 

冷凍食品の開発のプロをご紹介いただきました。日本とタイに拠点を持ち、いろいろな会社の顧問を

しながら、商品開発をしておられます。お話を聞いていると、十数年前から、冷凍のシャリ玉や

冷凍すしに取り組んでおられます、私も見学に行った工場も入っています。

その時から、冷凍後のご飯の白蝋化を防ぎ、おいしいご飯を出すことに取り組んでおられたのだなと、

同志のような感覚を持ちました。今般、炊飯時にある液体を入れると、解凍時に白蝋化しないで

おいしいものをだせる商品を開発されたとのこと。これからの、再加熱カートを使ったオペレーション

に応用できますし、いろいろな場面で活用できそうです。楽しみです。

 

 これから冷凍がまた脚光を浴びますね!

 

夜に、毎年の暮れにお邪魔する、元政府高官の事務所にいって一年の終わりの報告と、集まった方々

との雑談をしました。次から次に楽しい話題が…。昨日は結核予防会の方もおられました。今結核が

猛威を振るおうとしているようです。ですが実態は、日本に働きに来ている労働者由来のものが、

70%以上だそうです。早期発見で、ちゃんと薬を飲めば、働きながら療養できるそうです。

日本に出稼ぎに来て、2・3年頑張ると国に家が建つといったことは、まだ現実。日本に来ると、

日本人と基本同程度の給料が保証される、ですから国は野放しにしないで、ちゃんと健康保険に入る

ことを整備するなど、今しっかり制度を作っておかないと、対応できなくなってしまう、下手すると

日本にいって結核にうつされたという事にもなりかねない、と訴えておられました。

今回の拙速に見える入管法の改正も、それは良いとして、ちゃんと制度をバックアップしないとだめ

だという事です。私たちもこれから、お手伝いいただくこともあろう外国人の方々の法の整備、他人事

ではありません。

 

- | 06:23 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:23 | - | -
コメント
コメントする