タイトルロゴ
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
偉ければ偉い人ほど、やることが速い

昨日は、ちょっといいことがありました。朝一番にある医療法人の理事長先生をお訊ねして、

日頃の御礼をしてきました。昨年は病院と老健の受託をさせていただきました。本当に

有り難いことです。また、来年開業する老健への見積もりを出していましたが、それも
その場で決めていただきました。有り難いことです。またある事業所で委託受託の関係が

ぎくしゃくしているので、何とかしなければならないと考え、相談をさせていただきました。

それも、その場で現場と連絡取って、すぐに懸案を解決していただけました。

 

偉い人と話すと、そのスピードに驚かされます。偉くなれば偉くなるほど、問題をその場で

解決されます。後でやっておきますなどという事はまずない。その場で連絡してその場で

解決されます。昔、田中角栄総理が、毎日毎日陳情の列が来るのですが、その場で関係者

に連絡し、ハイ分かったとすぐ解決していたというのは有名な話です。陳情には、国政の

大事なことも、おらが村のお願いも、会社の取引のこともあったことでしょう、後でやる!

などと言っていたら、すぐに他の仕事にまぎれて忘れてしまう事でしょう。折角の陳情

にもこたえられない、反対にうらみつらみが残る。総理大臣なりの誠意であり、人心掌握術

だったのでしょう。田中総理とはいきませんが、形だけでもをしたいものです。

もう一つ驚くのは、確認は直接本人にするということ、噂話で判断しないということ、

ですから、昨日も職場で委託業者とぎくしゃくしていることを施設長に直接聞いておられ

ましたが、何で君はそんな大事なことを報告しないんだとピシッと言っておられました、

聞いている方は身が引き締まる思いでしょうね。勉強になります。

 

 

午後から、栄養士・調理師研修を実施しました。今年の献立・運営方針を確認しました。

また、献立作成にかかわる手順を確認し、気持ちよく仕事ができる環境をつくろうという事

を目的としました。調理師さんが多かったので、献立をやるのは、栄養士さんだけでは

ないのだ、調理師さん含む全員で献立を磨いていくのだという事を確認しました。

今後の取り組みの一つとして、栄養士・パートさんもスチコン調理ができるようにしようと

いう事を掲げていますが、私どもの会社は昔から、調理師と栄養士の仕事を切り分けていて、

栄養士は他の会社とは違い調理には携わらないことが多いのですが、これからは自分の勉強の

ためにもやってもらいたいと考えています。しかし、これからやるのはスチコン調理をできる

ように、そしてパートさんや後進に指導できるようにしてほしいと考えています。

調理師さん含め社員は、率先者であり指導者でなってほしいと考えているのです。

丁度、相手の頭に「絵」が浮かぶように話しなさい、という本を読んでいたので、早口に

成らずに、間をとって、つかみの話もみんなが想像できるような話を選び、話してみました。

伝わったかな?

講義などは、ほとんど頭に残らないといいます。皆さんが今後それぞれ講師になってもらいたい

ので、話し方も勉強していかなければなりません。

- | 06:23 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:23 | - | -
コメント
コメントする