タイトルロゴ
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
肚を決めれば、必要な人・モノ・カネ・情報が集まってくる

昨日は、皆さんから上がってきた賞与の評価を見ていました。売上・利益が大きな評価

の軸ですが、もともと契約がいいだとか、人がいなくてヘルプに頼り見え方が良いだとか、

もろもろの要素を加味させてもらいました。また、超過勤務が続いて手当たり前になって

いる、特に他の人は早く上がれているのに、自分だけ超過勤務などが続いている人は、

賞与は低くなると期首の方針発表会でもいっていましたが、調整をさせてもらいました。

いずれにせよ、毎回ですが賞与をつつがなく出せることにほっとします。

 

新しく引き合いが来ている二つの病院、新築から1年です。ニュークックチル。

 

今度やる、富山の新しい受託事業所の報告を聞きました。聞けば聞くほど腹が立ってきます。

同業のお会社に文句の一つも言いたくなるところです。一年前に、病院と話したのでしょう、

セントラルキッチン方式のクックチルで、会社のCKより病院厨房に料理を運ぶ、病院の厨房

には最新鋭の再加熱カート方式の厨房を設備されている。ところが契約二年目に、120床の

病院で、月450万円の価格アップをいってきたそうです。そんな無茶は通じませんね。

誰が見てもお会社のやっていることはおかしい。お客様も怒るのは当たり前です。

中身を見ると、オペレーションなど何も構築されておらず、人はクックサーブと同じような

配置をしている。厨房も考えていないから効率が悪く、何をやろうとしているか分かって

いない人ばかりという見立てで、聞いていると烏合の衆の集まりのようです。

つてを頼って病院よりSOSがありましたので、お手伝いをさせていただくことになりました。

従業員の引継ぎの面接をしたそうですが、これがまた話し合う態度ではないそうです。

パートさんまでもが斜に構えて、話しを聞く態度ではないそうです。今のお会社から止められて

いるのでしょう。しかし、自分達のお客様(患者さん)のことなど何も考えていない。

私どもの会社にも、富山出身の方がいますが、お母さんのようなしまり屋だがやさしい人たち

です。私の友人にも富山出身者の方がおられますが、朴訥で粘り強い、素晴らしい人ばかり

です。なんでここの人たちは、こんないじわるなんだろう、などと不思議です。今まで何度も

立ち上げをやってきた人も、こんなことは初めてだと呆れていました。

今までの人に頼らず(引継ぎが条件でしたが)、新たに募集してしっかりやろうといいました。

私たちの、こころの相談室をやっていただいている先生から、「調子に乗るな、波に乗れ」と

いう言葉をいただいています。何よりも、仕事を前に進め、勝つ(うまくオペレーションを続ける)

には、天地人のエネルギーの流れをとらえ、リーダーが心技体をととのえ腹を決めたとき、

環境が動いてくる、縁が、必要な人・もの・金・情報が集まってくると考えています。だから、

何があってもやりきるのだと肚を決めていきましょう。

 

 心と体の相談室

 

こころの相談室とからだの相談室、こんな仕組みがあるのはいいですね、と新しく入った人に

言われました。家でも会社でも、いい顔をして、本音を言えない人も多いと感じています。

愛想よく上手く人付き合いをやっているようで、周囲にびくびくしながらやっている人がいます。

そんなよろいかぶとや仮面はおろしてしまえばいいのにと思います。こころの相談室とからだの

相談室の発案者の、富山出身のしまり屋の人と、近くの琉球居酒屋で、仕事帰りに、クリスマス

イブのお祝い?というか、一年のお疲れ会をやりました。

 

- | 07:51 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 07:51 | - | -
コメント
コメントする