タイトルロゴ
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
ポルトガル・スペインにいってきました(1)

昨年暮れから、ポルトガルとちょこっとスペインにいってきました。昨年亡くなった私の

師匠筋から、一度機会を作ってサンチャゴ・デ・コンステーラにいったらいいよ、という

話があり、思い切って行ってきました。

まずついたのは、ポルトガルのリスボン、16世紀の大航海時代を築いたバスコダガマの

持ち帰った香辛料の莫大な利益をもとに建てられた、世界遺産のジェロニモス修道院、

ベレンの塔を見に行きました。

 

 

ジェロニモス修道院               ベレンの塔

 

そして、その大航海時代の冒険家達の偉業をたたえる発見のモニュメントを見ました。思えば

大航海時代の時代の富は赤道直下にあった、香辛料を求めて世界に飛び出した冒険家達のこと

を教えてくれたのもなき師匠でした。大航海時代が会社の起源、国王やエンリケ航海王のような

資本家がお金をだし、バスコダガマのような船長が社長、そしてその旗のもとに集まったクルー

が社員たち。見事富を持ち帰ったあかつきには、資本家、社長、社員とが利益を配分して、

皆がハッピーになった。それが会社の起源。カンパニーはコム(一緒に)パニー(パンを食べる人)

、そして会社は英語でエンタープライズ=冒険、一人でできない冒険を一緒にやるのが会社だと

いう事を教えてもらいました。皆がハッピーにならなければ会社ではないのですね。

 

 

エンリケ航海王を先頭にバスコダガマらの冒険家達、マゼランやザビエルなども何処かにいるそうです。

- | 12:09 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 12:09 | - | -
コメント
コメントする