タイトルロゴ
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
ポルトガル・スペインにいってきました(4)

可愛らしい城壁の街、オビドスに行きました。ここは歴代の女王に送られたお城とちいさな

町です。このエリアの多くの街も城壁に囲まれていたそうです。このあたりはイスラム勢力と

キリスト勢力の入り混じるエリアで、それぞれが攻守所を変えて防衛をしていたのでしょう。

平和な時代がきて、徐々に都市に住む人が増えて城壁が取り壊され家が建てられていったそうです。

昔の城壁の中が旧旧市街、後からできたのが新市街と分かれます。

城壁都市というと、ドイツのローテンブルグを思い出します。そのころの旅は主に巡礼の旅、

厳しい旅路で、体調を崩し、病気になることもあったでしょう。そんな時、ホット一宿を提供

してくれるところが本当に救いだったのだと思われます。それがホテルやホスピタルの語源だと

言われます。そんな故事を思い出しました。

 

 

オビドスの城壁都市                世界遺産、シントラの城壁都市

 

ユーラシア大陸の最西端、ロカ岬にもよりました。世界各国からの旅行者でごった返していました。

 

 

ポルトガルの有名な詩人、ルイス・カモンイスの「地終わり、海始まる」の碑があります。最東端の

国から来た我々がそこにいることのなんとも不思議、ちょっと感傷に囚われます。

 

- | 16:32 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 16:32 | - | -
コメント
コメントする