タイトルロゴ
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
若い友人の訃報が入りました。

昨日は、朝からドタバタしていました。一昨日、友人がなくなりました。お客様ですが、年は

離れていますが若い友人です。

この方は時代を担う方だと直感し、お付き合いをはぐくんできました。お忙しいので、なかなか

お会いする機会はありませんでしたが、ある社団法人を何かの役に立つだろうとご紹介をし、

一緒に理事をやった中でした。

まさに全国、いや世界を股にかけて飛び回っておられました。法人の発展がすさまじく、現場の

マネジメント、特に医療周りを一手に担っておられました。かなりハードワークだなとみていま

したが残念です。まさにこれからという時です。かえすがえすも残念です。

そういえば変な話なのですが、一昨日の未明に寝ているところに、ドアをたたく音がトントントン

としました。夜中に私の部屋のドアを叩く人などいるはずもありません。家内もとなりの部屋で

寝ています。思わず胸騒ぎがして、部屋の電気をつけ様子をうかがいました。しばらく固まって

いましたが、部屋の外も確認し、トイレへ行って(トイレも確認し)また寝ました。思えば、

あの時最後の挨拶にきてくれたのだな、と今は思っています。そうでなければあんなはっきりドアを

たたく音が聞こえるはずはありません。

第一報が私に入ったのが、その日の遅く午後四時でした。それも遠く、モンゴルの友人から人伝え

でした。不思議です。不思議な事ばかりです。

ご家族の悲しみ、法人の落胆はいかばかりでしょう。何か我々ができることしっかりやっていきたい

と考えます。

 

  

 

私は仏教徒ではないですが、仏教の説く教えに感化されてきました。特に大事な、三宝印のことは

わかる気がします。諸行無常…すべての事象は移りかわる、諸法無我…全ても存在には主体がない、

私(自我)も私の物(執着)もない。涅槃寂静…煩悩の吹き消された静かな安らぎの覚りの境地、

苦しむ理由などない。

どんなもの、どんなことにもわれわれ人間が知り尽くせない、因(直接の原因)と縁(間接的な条件)

が関わりあっています。彼との出会いが新しい縁となり大きな仕事につながり、豊かな生活のはりに

なったように、また彼の死が、また新しい縁となり、新しいかかわり合いが生まれてくることでしょう。

どうとらえるかは自分次第。素晴らしいものが立ち上がってくることを期待しましょう。

とはいえ、何もやる気が起きず、床屋へ行って髪を切ってもらいました。

 

- | 05:18 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 05:18 | - | -
コメント
コメントする