タイトルロゴ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
最近のお上のやることは・・・???

昨日は、朝から日ごろお世話になっている方々と雑談をしました。雑談の中身はいろいろ

ですが、病院の経営の事にも及びました。

今週の週刊東洋経済に、医療法人経営安定力という事で、売り上げ高上位50法人の売上高

営業利益などがのっていました。何件かお取引の法人も含まれており、ちょっと鼻が高い

思いをしました。

今度消費税が上がると、仕入れには消費税がつくが、患者からはもらう診療費にはつかない、

まともにいくと、80%の医療法人が赤字になるだろうと言われていると、国立大学に

関係する人が言っておられました。

昨今の話題の、医学部入試の男女平等の話ですが、まったくおかしい。今まで私立医大は、

自分達の運営コンセプトに沿ってまじめにやってきた。どんな人を採用するのかは、目指す地域

医療や方針に沿い、自分たちで決めそれを文科省も承認をしてきた。もともとは東京医大が

文科省の高官の息子の不正入学といった贈収賄事件で刑事事件だったものが、それを隠すために?

話しがすり替えられてしまっている。まるで言いがかりのようなものだと言っておられました。

だいたい文科省の論理で行くと、東京女子医大なる差別を助長するような学校は成立しない

はず、東京男女平等大学に変えたほうが良い、などと私大経営に詳しい方は憤っておられました。

今どきのお役所仕事は、まことにおかしいなどといった話になりました。

 

 孫子の兵法などとあると、すぐに買ってしまいます。同じ

 ような本が何冊かあります。

 説明の逸話がおもしろい。

 ・超優良企業、サウスウエスト航空のハーブ・ケレハー

 の企業文化。「それは私の仕事ではない」というのを止めよう。

 「困っている人がいたら、何でも進んで手助けしようよ」

 ・伸びていく会社や伸びていく人間は、すべての責任は自分に

  あると考える、逆に言うと自分の努力次第で、いくらでも未来

  は変えていけると信じている。

 ・一流のスポーツ選手は何故一流でいられるのか、それは誰よりも

  練習しているから。

 ・私の意見は絶対的に正しい、という態度をとっていると人は動かせない。

  好きな人の意見は聞くが、嫌いな人の意見には絶対に従わない。

  人を説得するにあたっては「まず好ましい人柄」を示す必要がある。

 ・あらかじめ将来を見越して「これこれの場合にはこれこれする」

と契約しておく。口約束だけの場合、話し合いもまとまりにくく感情的なしこりももこる。

 

午後には、銀行の方がある事業者をご紹介いただけました。また、いろいろな関連の方も

ご紹介いただけます。今テレビ宣伝で広報されている、ワンみずほではないですが、投資信託

や保険、証券などそれこそ、お腹いっぱいになるくらいいろいろ提案いただけます。

個人資産のことなど、お金もないし興味ないよといいます。やはり、本業をどう大きく、どう安定

させていくかが大事で、そこでお金を使っていきたいですね。そこにしか頭が回りません。

しかし、ワンみずほではないですが、お客様にとって一丸になって対応する姿勢は学びたいですね。

私たちの運営も、店舗運営、アルス・ケータリング・システムと事業部が分かれていますが、

お客様にとっては、ワンアルス、どちらの方式が良いか考えて提案していく、今は良さをミックス

して提案することが当たり前になってきました。なにせ私たちの強みは、受託運営と商品販売

といった、ビジネス構造の全く違う二つの業態を持ち、うまくやっていることにあるのですから、

そこを伸ばしていきたいですね。孫子の兵法ではないですが、無駄な戦いをしない方法でもあります。

- | 06:17 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:17 | - | -
コメント
コメントする