タイトルロゴ
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
方針発表会のスライドを作っていました

昨日は、こもって今月ある下半期の方針発表会の、発表用のスライドをパワーポイントで作って

いました。前月から作ってきた、テキスト(社員必携)をそのままスライドに移すのですが、

やはり、ここはこういった伝え方をした方が良いかな?これでは伝わらないな、などと考えて

ああだ、こうだと思いを巡らすことになりました。

この期の中間の見直しの時期です。PDCAでいえば、Cの確認の時期です。自分たちが立てた

予定に対して、できたのかできなかったのか、できなかったのは何が原因かなどを深く探る必要

があります。

この期に、皆さんも自分の目標に対してどうだったのか見てほしい。運営部の年初の方針書を

見ていましたが、課題のガントチャートが大幅に遅れていたり、何もやっていないことも目立ちます。

方針書をつくることで満足してしまって、そこで思考がストップしてしまっているように見受け

られるものもあります。

私たちの仕事は、一度運営や販売が始まれば、ある程度数字は流れます。クレームや要望に

忙しく対応していたら、すごく仕事をした気になります。しかし、緊急ばかり対応していたら、

緊急ではないが、重要なものが全く進まないという事になるのです。要注意ですね。

 

 

また、先日の人事の会議を受けて、組織の見直しもしました。また、組織を変えるの?と批判を

うけそうですが、組織など実態に合わせて、ころころ変えていけばいいのだと思っています。

皆の力が結集できて、今期の方針のように、一人一人が挑戦者として果敢に仕事に取り組め、

良い成果が出せるのかを見て、流れがとどまっているところがあれば、うまく流れを作って

いかなければならないと考えています。血管掃除のようなものだと思います。

チャットワークなどで、大分情報の流れは進んできたのですが、まだ上司の人の考え方、取り組み方

次第で、滞ります。毎日の業務報告で、今日は何もありませんでしたと書いてくるところに、

ヒヤリングをしてもらうと、何もないことなどない、内情はがたがたで、人間関係もこじれている、

などといった報告があがってきます。

報告が何もないということは、それに気がついていないか?気がついていても、たいしたことは

ないと勝手に判断しているか?無視しているか?何かの事情で隠そうとしているのかのどれかです。

また、本当のことを知られるのが怖い、文句やコメントを言われるのが嫌だ、自分ができないと

思われるのが恥ずかしい、いい恰好をしていたいなどなど、個人的な問題が多そうですね。

あぁ、うまくいかないな、失敗しちゃったな…といったことを、何でも言えるような懐の深い

上司を育てないと、部下は皆真似をして、こそこそするようになってしまいます。失敗は失敗

として早目にわかり、すぐに修正すればよいのです。そこのころあいが分かる上司が本当の上司

らしい上司ですね。

 

 

- | 08:07 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 08:07 | - | -
コメント
コメントする