タイトルロゴ
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
肩肘張らずに生きていこう

昨日は、人と合って、ちょっと会社にも寄って気になることを話しあいました。二週間で

仕上げると言って勢い込んで準備し、乗り込んでいったところが、人が安定せず途端に、

「てえヘンだ、てえヘンだ」ちょっと落語調ですが、大さわぎになっているところがあり

ます。一緒にいっていた人に聞いても、何が大変なの?だから何なの?具体的にどう解決

しようとしているの?と聞いても、人がいないから「てえへんだ、てえへんだ」。。。

ちゃんと話もできていないようです。

ある人が、その現場を評して、求心力がないですよね!と一言いったので耳に残りました。

求心力をつけるのにはどうしたらよいか。四つあると聞きました。

一、明確な目的と目標を持っている。それをメンバーに噛み砕いて話しができる。

二、上手くいかない時でも可能性を求め続ける。みなを巻き込んで一緒に考えられる。

三、相談役を担える。部下の相談を時間をとって腹を割ってやることができる。

四、自分の弱さを見せる勇気がある。ダメな自分もさらけ出して皆の協力をえる。というものです。

上手くいかないときも、気にくわないことを言われても、やさぐれてやけっぱちにならない。

すぐに「てえヘンだ、てえヘンだ」といわずに、まず自分たちできることから考える。

メンバーからの相談に乗ってやる、いつも上から目線ではなく、一緒に考え話し合う。

こちらからも相談する。自分だってわからない事ばかり、できない自分をさらけだし

皆の協力を得る。といったことがでいる人が、求心力を持った魅力的な大人なのでしょう。

簡単なようで難しい。ちょっと教えて、これどうやったらいいと思う?ちょっと助けてほしい。

良い職場を作りたいと思ったら、自分が分かっていると思う事でも、まずメンバーに聞けと

言われたことあります。それがまず第一歩ですかね。

 

  

 

タモリさんのことを書いた本を読みました、肩肘張らず飄々と生きているようで好感がもてます。

・自分って、いかにくだらない人間かという事を覆い知ることで、楽になれるんじゃないかな?

 確かにそれが分かると一度はドドドーンと落ち込むけどね。すぐに立ち直って明るくなっちゃうんだよ。

 「何だ、おれは今までこんなつまらんことにこだわってたのか」って。そして楽になると同時に

 打たれ強くもなるんですよ。

・そりゃね。でも、考えたって仕方ないし、根性がないから、一つの悩みを長い間ずっと考え続け

 られないんです。

・インタビューアー「すてきなスーツですが、どこのですか」

 タモリ「フェラチオ・ボッキーニ」(笑)、イタリアのブランドですね。

・「何を生意気なことをぬかしやがる」「あたりめぇよ、イキがいいから生ってんだ」

 「ガタガタいうんじゃねえよ」「ガタガタ言ってわるきゃ汽車はどうするんでぇ。ズシズシ走れ

  ってのか」

・高校に入ったころから有名人になるための練習を始めましたから、有名人の悪口を言わないように

 するんです。俺も有名人になるんだから、他の有名人の悪口を言うのはやめようと思いましてね」

・趣味は、雑念と妄想ですから。例えば化石のことを調べながら、仏典を紐解き至り、地図を広げ

 たり、知らないことを調べたり、考えたりするのって楽しいですよ。

楽しいですね、タモリさん流の求心力の一端が見えます。

- | 07:05 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 07:05 | - | -
コメント
コメントする