タイトルロゴ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
立ち位置を明確に、自分のスタイルを作る

昨日は、毎月15日発行の社内報とニュースレターを入稿しました。内容はともに、新入社員

の入社式のことを書きました。私どもの会社は創業20年なので、その20年を振り返ること

を書きました。書いていると、20年間もがき苦しんできたことが、私たちの特長になっている

ことが分かります。

特長とは、うんと違ったことではなく、ちょっとだけ違っているところかもしれません。ちょっと背が

高い、ちょっと足が速いといったようなものです。個性を伸ばすと言っても、自分の個性が何かなど

なかなかわかりません。ですからちょっとした特長を見つけて伸ばしていくことが必要です。

生き馬の目を抜くようなビジネスの世界で、どのお会社も努力をされている。何かが抜きんでて

いると言っても相対的なものです。気を抜いたら直ぐ追い抜かれる、反対に私たちも努力すれば

おいつけるようなものです。

ですから特長を発揮するには、自分の立ち位置を明確にすること、自分のスタイルを明確にする

ことと、一点突破をしていくことが重要なのだと考えます。

私たちが20年間、やってきたことは、常に新調理を模索して生産性の高い給食を目指してきたこと、

そしてハッピーダイニングを標榜して、働きやすい仕事に取り組んできたことかなぁ、と考えます。

私たちの特長を伸ばしていくことが、大手のお会社との立ち位置の違いとなり、そこで我々が

気持ちよく仕事ができ、お客様に選んでもらえれば、こんなにうれしいことはないですね。

 

 昔、研修でも使いましたが、立ち位置を明確にする、特長を

伸ばすことの大事さを教えてもらった本です。

 

引っ越しが迫ってきているので、ものを減らそうと思って本棚に手をつけました。毎回、50冊

くらいブックオフなどに持ち込んでもらいますが、今回は思い切って中途半端になっているものも

含め、200冊くらいは捨てました。私は本を世なんだ解き、気になったところの隅を折っておく

のですが、それが売るのに障害になるということですので、いちいち本を見直しながら、折り目を

直していくことをしました。

また、昔は折り目を付けたところを読み返し、こころにサイト響いたところは三年日記に、転機を

していました。それが週末の日課だったのですが、ブログを書き出しておろそかになってしまいました。

ですから、今回は折り目を付けたところを読み返し、一冊に3か所以下で心に響いた言葉を手帳に

書きつけました。ですからえらく時間がかかりました。

一つ学んだら一つ使う、という言葉も書き抜きました。読んで素晴らしいなと思ったところ、まず

やってみようと考えます。皆さんの知恵が集まる、自分が生きて学んだ世界など小さなものです。

他の人の人生もご一緒出来る。本の威力はすごいですね。

 

- | 06:02 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:02 | - | -
コメント
コメントする