タイトルロゴ
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
現場は本社が何でも決めると勘違いしている?

昨日は、朝から遅れてしまった、社内報とニュースレターを入稿しました。ここ半年の怒涛

の7店―プンのこと、これからやるのは内部の充実、その為の第一弾が全店行脚するパート

研修会です。

昨年は、仕事を楽しくするコツということで、仕事のルールを知る、会社の方針・大事にして

いることを知る、そしてよく話し合うということを話しました。今年は、会社の方針として、

「ハッピーダイニング」のことを話しました。お客様が喜ぶことを、仲間が喜ぶことを、そして

自分が楽しくなるように日々工夫していこうということです。

そして良い職場にしていくために、上司を含めた半径10mを見直していこうと言っています。

離職率が高いところは、半径10メートルの人間関係に何か問題があると思ってほしい、

その解決は……ということを書きました。読んでみてください。

 

書きながら、今週あったことを思い出していました。あるメンバーから事細かく部署の相談が

あったのです。どうしてこんなことを聞いてくるのだろうという質問がいくつかありました。

パートが定着しない。パートが定着しないのは現場にパートさんの考課の役割が現場になくて

本社にあるから?現場の主任クラスにパート評価を下ろしたらどうか?パートさん主体的に動いて

もらうためにパートリーダー制度を作ったらどうか?職場を見て改善していく人材がいないので

配置してほしい、人が足りないので人を送り込んでほしい。パートさんに何かものを言うと、やめ

られては困るので、強く指摘・指導できない風土がある、どうしたらいいだろうかという問題

でした。まさに半径10mの問題です。

パートさんの評価は現場にあるよ、マネージャー・チーフにその権限がある。もし主任が評価

したいなら、現場で権限の委譲を話合ってやってほしい!パートリーダーをつくるのも、これまでは

現場から成り手がいないという話だったが、皆で話し合ってやるならやってみてほしい!

本社・本部は何も反対しません。人がいない、いないというが、採用は話し合っているの、

募集の稟議書は出した?本部は今まで現場の採用稟議、止めたことないですよ!と返事をしました。

現場から稟議も出さないで、誰かがやってくれると考えるのはおかしいよ…。

 

このやり取りを通して、現場の人は勘違いしているのではないかと感じました。本社や本部が、

現場に対しあれをやってはいけない、これをやってはいけないと、統制をかけていると思って

いる人がいる?。何でも本社・本部が決めると思っている人がいるのではないかと考えました。

人員の配置や異動などでも、綿密に部署のSVと相談してやっている。勝手にやることなどない。

私は、現場の役割は、年初に決めた原価率、人件費率の中で、お客様に喜んでいただくこと。

本部や本社は、現場が予算達成できるように、環境整備をすること、決め事を守ること、より皆が

楽に利益が出せるような仕組みを考えて導入することだと考えています。現場のサポートです。

現場の問題対応は、お金の問題をのぞいて、お客様のクレームも含めて、ほぼ100%現場の

責任範囲で現場で解決できるものだと考えています。現場がやりにくいことをお手伝いする。

だから、現場でも年初の予算と比べながら、良いと思ったことは、どんどん提案して進めていって

ほしいのです。現場のことは社長であってもわからないことばかり、現場にはこんな問題があって、

解決には、いくつかの案が考えられるが、私はこういう風に対応したい、などといってくれる人が

出てきてくれるとうれしいな。

 

 ウクレレでカントリーを唄いに行きました。昨日やったのは

レスター・フラットとアール・スクラッグスのブルールグラス。やはりウクレレは、さびしいですね。

ギターとバンジョーとフラットマンドリンでじゃかじゃかやるのが楽しいですね。

 

 

- | 04:28 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 04:28 | - | -
コメント
コメントする