タイトルロゴ
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
しっかり市場とお客様を見ていこう

昨日は、会議の日でした。部課長ランチミーティング、取締役会、経営会議とやりました。

取締役会は、第3四半期の営業報告と第4決算期の活動計画の承認が主な議題であり、

9月から始まる来期の活動方針も発表をさせて頂きました。経営会議も来期の方針を叩き

ました。

来期の計画のサブタイトルは、市場は急速に変わる私どもも変化対応をする、として昨今の

市場の急速な変化に対応することを念頭におきました。昨年までは、労務費の高騰、食材費

の高止まりなどで、施設側も値上げ容認の姿勢でしたが、今年は消費税も上がる、又医療・

介護保険の先行きも思わしくないということで、安い業者を探し始めてきています。

施設側も生き抜いていくのに必死なのでしょう。私たちも、もう一度、R&D,マーケティング、

献立、商品開発、仕入れ購買、マネジメントといったバリューシステムのすべてに関して、

見直していかなかればならない、ということです。

非常にチャレンジングなところにきています。

あわてることはありませんが、急がなくてはなりません。パート研修でもやっていますが、

自分達がマーケットに合わせていくことによって、生き抜いていくことができるのです。

 

バリューチェーン

 

バリューチェーンを見ていくと、私たちが実現しなくてはいけない価格を考えると。いろいろな

ところにムリやムダがあることが想定されます。その積み重ねが利益の差となって現れるのです。

私たちは、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅といった、比較的裕福でお金を払える

お客様を対象に商品開発を進めてきました。介護福祉のところは給食受託を献立を工夫して

やってきました。今、サ高住のお客様も、介護・福祉と同じような金額の商品を求められるように

なってきています。そこの線引きがなくなってきたということです。別の商品ラインを組むのか、

全体を組み替えるのか、悩ましいところではあります。

いつも、思い出す言葉があります。環境変化が見えて、自分が変われればチャンス、変われなければ

脅威。環境変化が見えなければ、残るのは不安か諦念。しっかりマーケットとお客様を見ていき

ましょう。

 

昨日は、私たちの創業メンバーで、現場を一手に支えてくれていた部長が、第一次定年を迎えました。

早いもので、あっという間の出来事に思えます。一緒に夢を見て、一緒に汗と涙を流したのですが、

貴重な人生の一コマです。まだまだ、仕事は続けてもらいますが、一応の区切りです。会議のあとに、

焼き鳥屋で一杯やりました。彼と一番初めに飲んだのは大森の焼き鳥屋さんでした。その時は二人で

飲みましたが、昨日は、フォローしてくれる人がたくさんいました。お疲れ様、というのは昨日だけ、

また今日からいろいろなお願いをしていきます。

PS.支払おうと思ったら財布がない、店を探し、会社に戻り、最後に家に電話をしたら、ちゃんと

いつものところに置いてあるよ!ホッとするとともに、自分のボケに呆れます。昼も弁当食べたことを

忘れていました。相当重症です。

 

 

- | 05:40 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 05:40 | - | -
コメント
コメントする