タイトルロゴ
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
受け取り方を上手に

昨日は、あるコンサルティングハウスの方が訪ねてきてくれました。病院や高齢者施設の

カーテンのレンタルから事業を起こし、手広くやっておられます。また介護施設も買収し、

経営をされている。今後事業展開で、農業にも進出され、風上から川下までの戦略で

工場を作り、患者給食の分野にも進出をされようとしている、意欲的な会社をご紹介を

いただけました。私たちの20年前と似ているな!食事の世界は、そんなにはうまくいかない

……苦労されるだろうなと思いながら、これから、お互いの相互理解を深め、一緒にプロ

ジェクトでも組めたらいいですね、とお話をしました。私どもの、いろいろな失敗の歴史、

そしてうまくいったことなどお役に立てるのだと感じました。

その方のお話を聞いているとまた、素晴らしい。超一流の会社からアメリカにわたりMBA

をおとりになってコンサルの世界に、その後文房具のメーカーに入り、カウネットなどの

BtoBの商売を構築するなど大活躍をされたといわれます。そしてまた、コンサルの世界に。

お話を聞いていて、ご紹介のお会社もそうですが、ぜひゆっくりと、どうやってBtoBの事業

構築をされたのか、苦労話でもお聞きしたいと思いました。

 

 受け取り方を上手に!

を教えてくれたのが会長です。

 

訪ねてくれる方がこのブログをよく読んでおられるのには驚くことがあります。

先日もこのブログのことでメンバーの皆さんと飲みもって大きな議論になりました。

以外に社長のブログを読んでいる人が多いから、めったなこと書かない方がいいですよ、

と言ってくれる人がいます。めったなこととは何だろうと思いつつ、そういえば、いいことも

悪いことも、思いつくまま書いています。どうして悪いことも書くのですか?という人もいます。

いいことも悪いこともひっくるめて、皆さんの前にさらけ出してみてもらう方が楽でいいな

と思っています。何があっても、会社で起こったことは全部自分の責任だと思っているので、

反省とこれからの改善のために書いていると答えました。

よく上席の人を怒っているが、そのことが部下にもわかり、上司の立場がなくなり、組織運営に

支障を起こすのではないか?という人もいます。そんなことないよ、トラブルやクレームが

起こるのは上司の責任、上司が悪いのは社長の責任。私が自分に怒っているのを見て、はっと

思ってくれる人がいたらうれしいこと、などと減らず口をたたきます。

今の上司像は昔と全く変わっているよ、昔は上の人が権力と情報を握って指示命令し、それに

従わせるのが役目だったのかもしれないが今は全く違う。今はネットやチャットで情報はすぐに

共有される、むしろ情報は現場にある。お客様に対峙する現場がやりやすいように、意見を

吸い上げ、環境整備をし、困ったときにさらっと方向決めをしてあげる、迷ったときはそっと

背中を押してあげる。間違ったら厳しく叱ってあげる。今までの上司像に拘泥しなくて

いいんじゃない、メンツをつぶされたなんて思わない方がいいんじゃない?受け取り方を上手に

しなさい、と師匠も言っています。

- | 02:13 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 02:13 | - | -
コメント
コメントする