タイトルロゴ
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
スリランカに行ってきました 

何で、スリランカ料理店なのか?それは、ある出会いがあったからです。一年前に福岡に

出張したことがありました。空港から町までバスに乗ったのですが、隣にものすごく日本語

がうまいアジア人がいて、思わず日本語うまいねー!と声をかけたのが始まりです。

彼はスリランカ人で、19年間日本にいて、日本人の奥さんとの間に3人の子供もいると

いう。クラブのボーイなどをやりながらコツコツためたお金で、福岡にスリランカ料理店

を焼ていたという。これから何をやりたいの?と聞くと、日本にスリランカ人を送り込む、

人材紹介の会社をやりたいという。準備できたら連絡して、第一号のお客になるからと言って

別れました。六か月後に電話が来て、スリランカ人の紹介、その受け皿第一号店としての

スリランカ料理店のプロジェクトがスタートすることになりました。

 

 

チンタカさんの自宅の庭に生えているココナッツの実を落として、お父様が飲ませてくれました。

 

スリランカといえばセイロンティー、紅茶製造工場に行きました。交渉するチンタカさん、この工場は

まだ日本に出していない。アルスオリジナルブランドの紅茶の輸入ができるかな?やってみたいな!

 

 

面接したコックさんと奥様とお嬢ちゃん。旦那さんは、出稼ぎで、バーレンだとかオーストラリア

などに行かれたことがあります。奥様は以前はスリランカ第一のリゾートホテルの支配人、お二人で日本に

きて、奥様は英語やシンハラ語を駆使して、私たちのkorekara給食などの外国人従事者のとりまとめなどを

してもらえたらいいな、などと勝手に思ってしまいました。

 

 

もう一泊、ウディダさんの家に泊めてもらいました。その日は奥様のディンプルさんの誕生日、チンタカさんと

ウディダさんで、誕生日ケーキをしつらえ、ハッピーバースデイをうたってお祝いをしました。本当にご家族

仲がいい。おばあちゃんは昔の日本のおばあちゃんで控えめ、女の子はべったりです。でもそれを許している。

本当に、ご家族を見ていると、心が洗われるようです。

 

- | 23:20 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 23:20 | - | -
コメント
コメントする