タイトルロゴ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
スリランカに行ってきました 

一昨日の夜に立ち、昨日日本に帰ってきました。帰りは8時間のフライト、時差は3時間半です。

帰りに、同行のチンタカさんの友人が空港の安全のトップだということで、機内まであいさつに

来てくれました。あいにく満席だったので、アップグレードはできなかったのですが、チーフパーサー

を紹介してくれて、いろいろ気を使ってもらいました。人と人の縁で、人間関係が成り立っている

のだなと思う瞬間です。出会った人大事にしておかないといけないなと思う瞬間です。

ビールやワインをしこたま飲んで寝たので、あっという間の帰路でした。

 

スリランカに、人材紹介の拠点を置いたらどうか?安くておいしいマンゴーや、セイロンティー

などの魅力的な食材がある、スパイスも豊富、そんな輸出入の代理店を作ったらどうか?

糖尿病に効く、コレステロールを下げるのに良いといわれる伝承の飲み物がある、そんなものを

サプリとして日本でマーケッティングしたらどうか?もちろん、店でも売ってみる。カレーにも

それぞれの作り方がある、スパイスはすべて粉になっているか粉末にできる、口に合うレシピを作り、

そのスパイスをミックスして、ただ混ぜてお湯にかければいいという、スパイスキットを作る。

現地の人しか知らない場所がある、それをパッケージにして日本の旅行代理店に売り込むのはどうか?

ごみ問題を解決する(中国がカジノを作るなら、日本は違う貢献がしたい)、金利が高いので投資を

しておく(土地と家は下がらない)、などなど雑談をしながら帰りました。楽しいですね。夢が広がり

ます。

 

 ちっちゃな象の置物、またコレクションが

増えました。毎回どこかに旅行すると、小さな小物を買ってきます。昔は大きな人形を買ってきた

のですが、大きすぎて邪魔とかみさんに言われて、今は毎回小さなものです。思い出が詰まっています。

 

家に帰って、顔を洗って服を着替えて、さっそくお得意様のところに行きました。レストランをやる

ということに驚かれていました。

会社に戻って運営部隊の皆さんと雑談をしました。今後ベトナムやスリランカから人が来るが、

当初、私たちが考えていたのは、病院事業所などで手が足りないところに入ってもらうということ。

しかし、行きつく先は日本語ができないので、洗浄などに入ってもらうしかないということになりかねない。

それはやめようと話しました。彼らは元気がよくて働き者、これから人が必要な、老健やサ高住などの

現場に入れて,はじめは一人仕事はできないから、二人でセットを組んで教えていく。そして独り立ち

させる。病院などの業務は細かすぎて、時間に追われて、教えることもままなっていないので、逆に

ハードルが高すぎる。地方の事業所に行ってもらって、地方の主婦や家族の中でお世話役を作り面倒を

見てもらう(地方の人の方が上手なはず)。SVは時に行って食事会などで話を聞いてあげてコミュニ

ケーションをするのが役目といったことにした方がよいといいました。

老健やサ高住などでは、外国人がもうすでに多く働いている。そんな仲間も身近にいれば、またやる気も

出てくるだろうとか話しました。そんなあったかい気持ちで迎えたいと考えます。来てくれる人の、

能力を最大限生かすことを考えたいですね。彼ら、彼女らは、ちょっと日本語ができないだけ、すごい

力を秘めています。楽しみですね。

- | 08:19 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 08:19 | - | -
コメント
コメントする