タイトルロゴ
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
          
ARCHIVES
CATEGORIES
     
 
なんという偶然!が起こってきます

昨日は、月次の報告を書いていました。なかなか数字が確定してきません。前月の月次では

原価がぶれていました。また在庫が間違っていたなどという報告があったけど、どう修正できた

かな、先月末は前々月の反省をして、棚卸ができていないところは、SVも入って棚卸をやると

言っていたが、ちゃんとやってくれたかなと心配になります。

何も報告がないからやってくれたのだろう、などと思いますが、その〜〜だろうが、いけない

のですね。細かく見て、確認していかなければなりません。新しい体制にしたので、細かく見て

くれているはずです。しかしその〜〜はずだというのがまずいのですね。こういう口癖から

経営が甘くなるのです。

 

 レストラン「カンナ」の看板

が上がりました。象のカンナがかわいいと評判です。シンハラ語で、カンナはたべること、マンナは

飲むこと。皆さんに楽しく、飲み食いしていただければ幸せです。本格オープンは4月になりそう

ですが、舞台は整いました。

 

昨日は、なんという偶然かということがいくつか起こりました。中国の友人からマスクや衛生用品

何とかならないかというSOSが来ていました。私どものお付き合いのルートで必死に集めて

もらい確保をしてもらいました。ありがたいことです。そんな折、これも海外に強い方から、

マスクの入荷があるのだが、お付き合いの医療法人などで必要としているところはないか?などとの

連絡が入りました。どんな材質でどんな価格かまだ分かりませんが、うれしい偶然です。

新しく来てくれた方と雑談をしていました。ちょうど彼のネットワークで新しい、それもあまり競合

の給食会社が出たがらないところにチャンスがあるといわれるのです。私どもの業務の仕組みを

応用すれば対応できるはずといわれます。そういえば先日、私どもの持つ献立と商品を活用して

職域の食堂やカフェをやる提案をしてきてくれる人がいました。これも私にとっては、偶然の出来事です。

先日、ある買収案件で仕出しをやっているお会社の話がありました。そのアイデアを広げて、キッチン

カーを作って販売をしたらどうか、エスニックがとても好まれるそうで、今開発中のスリランカ

レストランのキッチンカーを作ったらどうだなどの話に発展しました。これも私にとっては偶然の

出来事でした。

職域カフェやキッチンカー、そんなことを下半期の方針書に入れてしまうのですから私も軽いですね。

まあ、肩ひじ張ってやっても、何が芽が出るかわからない。なるものはなるし、ならないものはならない、

難しいことをやさしく深く、楽しくやっていきたいものです。そうそう、この井上ひさしさんの言葉

も方針書に入れました。私たちらしい言葉だなと感じています。

 

 

 

- | 06:19 | comments(0) | -
コメント
コメントする