タイトルロゴ
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
          
ARCHIVES
CATEGORIES
     
 
相手の想いに興味を持つこと、話を聞くこと

昨日は、皆さんのこれからの人員配置などの報告を見ていました。皆さん、ちょっと無理をしつつ

何とか利益を確保しようと必死になっている姿が見えて頼もしいですね。

一昨日の夜に意見交換をした仲間が、話題に出た焼き芋を届けてくれました。焼き芋KAITUKAという

芋を熟成させて焼いた焼き芋で、今ひそかなブームになっているようです。食べたら、安納芋のように

しっとりとした食感です。おいしい。大手の企業や宣伝会社が、大きなお金を投資しているようです。

タピオカの次のブームを狙っているのでしょうか?私どもが先日来ご縁ができて、応援をしている

焼きポテトチップスと芋つながりで、何か面白いことができないかと話し合いました。楽しみです。

届けてくれたのは20年来の付き合いの方ですが、この人のネットワークの広さにはいつも感服するの

ですが、秘訣がわかりました。このフットワークの軽さと、何でも興味を持つ好奇心のたまものですね。

素晴らしいです。

 

 

 

面白く、大変参考になった本を読みました。ロジカルシンキングやいろいろな思考法などあまり役に

たたない、この世で大事な思考法は、SWOTやMECEなんかじゃなくて割り算と引き算と掛け算

思考だと言っておられます。すごい仕事術から味方を作る仕事術に転換が大事といわれるのです。

いろいろなアイデアを、ノートとペンを出してきて、マンガのようにアイデアを書いていました。

 

思考法のやり方は別にして、気になったことをメモしました。

・口癖の魔法

 〜蠎蠅飽娶するときの口癖  できない人「BUT」否定形の「でも」

 で相手に意見します。できる人は「AND」「そして」。さらにこうして

 みるとどうでしょう?

 ⊆遡笋垢襪箸の口癖  できない人は「一つだけいいですか?」重箱の

 隅をつつく。できる人は「WHY」「どうしてですか?」と相手の

 考え方を聞く。それって何?それって何に使うんですか?

 ピンチの時の口癖 できない人は「どうしよう」「がんばろう」

 できる人は一言「おもしろい」

・ぼくたちのDNAに刻まれた秘密

 この地球で人類が他の動物よりも繁栄した理由とは?

……脳が進化したから?道具を使うから?言葉を使うから?どれも違います、最大の理由は

 『初対面の相手にでも協力をする唯一の生き物だから』

 ……今までは周りよりすごくなること、優れることが重視されました。

舞台が変わり、価値観が異なる人達と、新しい問題の解決ややりたいことを実現していくことが必要

になってきました。そのためには、やりたいことや思いに共感して協力してくれる味方が必要。

そのためには、人より優れた思考じゃなくて、自分も相手も腑に落ちる考え方が大事になってきます。

人本来の「誰とでも仲間になる」「味方になれる」DNAを再起動しなくちゃいけない時代にはいった

と言えます。人よりすごくなるから、自分も相手もわくわくして味方を増やす。それには、「相手の想い

に興味を持つこと、相手の話を聞くこと」。…きっと皆さんの考えも聞いてくれると思います。味方に

なってくれると思います。……・』

 

夜に、カントリーをうたいに行きました。ブルーグラスの父、ビルモンローの歌を歌いました。

どなたかが、古いカントリーの名曲「モリーダーリン」をうたいました、日本では「冬の星座」という

名前で歌われています。何で愛しいモリーさんが冬の星座になったのかわかりませんが、堀内敬三

さんの名訳です。日本語でも歌いましたが、悠久の時を刻んだような気がしました。

 

 

冬の星座の大三角形など習ったな。きらめき揺れつつ星座はめぐる……。

 

 

- | 07:49 | comments(0) | -
コメント
コメントする