タイトルロゴ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
何度も何度も繰り返す

昨日は、お客様に紹介をしていただいたエネルギーコスト削減のノウハウを持った方をご紹介

いただきお会いをさせていただきました。今までにないやり方で、とても興味があったのですが、

何せ私どもは受託会社で資産を持たない会社、削減するにも削減するところありません。

私のネットワークの友人の一人をご紹介させていただこうと考えました。もちは餅屋で、皆さん

がよくなればいいですね。

あるお得意様を銀行の方がご紹介いただけました。お客様のメインのお取引先になっているので

お願いしたら実現してくれました。ありがたいです。銀行からコンサルの方をご紹介いただき、

ました。個人的な税務などのことを相談できる方です。銀行さんも、ワンみずほではないですが、

貸し出しだけで利益を上げることはできないので、いろいろなことに一生懸命ですね。我々も

負けないで、足と頭とネットワークで稼がなければなりません。

 

私どもの新しい武器に加熱スチーマーがありますが、それを使った提案資料を作っていました。

がちがちの企画書ではなく、手書きです。営業は、何度も何度も行かなければならないと考えて

います。一度いって断られて、何度か行って宿題をもらい、また行って何かを任せてもらえる。

そんな繰り返しですね。

むかしむかし、ある介護施設を立てている工務店さんから聞いたのですが,地場の工務店なので

とても優秀な営業マンは雇えない。不動産知識のない普通の主婦の方を雇わざるを得ない。営業に

行っても話にならない、追い返される、何度いっても同じ。しかし、100回通うと、この土地で

何かできない?と宿題をもらえるようになり、500回通うと1億円の仕事がもらえるのだそうです。

何せ15年前の話ですので、今は変わっているのかもしれませんが、本質は変わっていないように

思います。この提案書がきっかけになり、また新しい宿題がもらえればよいなと考えています。

 

 朝の食事のことを考えていたら、ロバートブラウニングの春の朝

 という詩が浮かんできました。

 The  year's at the spring.     年は春

   The dey's at the morn,    時は朝

   Morning's at seven;     朝は7時

   The hillside's dew pealed;  丘の斜面には真珠の露がおり

   The lark's on the wing;   ひばりは空に舞い

   The snail's on the thorn;   カタツムリはサンザシに這う

   God's in his heaven,     神は天にあり

   All's right with the world!   この世はすべてよし

 

ちょっと心が通わない行政書士さんがいて、話が通じないというか気持ちが通わない。行政書士さんと

いうのは、そんなに偉い先生なのでしょうか?お互い様という気持ちがないと、長いお付き合いは

できないですね。むしゃくしゃして残っていた人を誘ってラーメンを食べに行きました。あまり言え

ませんがむしゃくしゃしたときラーメン食べに行こうというのは、私の癖です。たわいもない話に付き

合ってもらってこちらは解消です。付き合わされた方はたまらないかもしれません。新入の方もいて、

社内報のことになりました。上記の工務店さんの話も、14年前の社内報にのせたものです。今朝、思い

起こして引っ張り出してみました。長い道のり、行政書士さんのことぐらいでむしゃくしゃしては

いけません。はい。

 

カレーがコロナによさそうだ、という読売新聞の切り抜きを赤坂のママが送ってくれました。

それにしても、この筆者、辛酸なめ子さんは何者なのだろう、昔から気になっています。

 

 

 

 

- | 05:31 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 05:31 | - | -
コメント
コメントする