タイトルロゴ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
ちょっとの兆しを共有する

昨日は、新コロナ騒ぎで首都圏ロックアウトなどのうわさも飛び交う中、一旦ことが起こった

時のヘルプ体制、運営に直接関係のない本部や管理の人間も交えたヘルプ体制を組みました。

また、一旦物流が止まったり、施設が閉鎖されてしまったときなどの商品供給が滞った時の

代替献立や、緊急対応商品などの確保を話し合いました。倉庫に在庫を多く持つことになりますが、

使わなくて良いことを祈ります。この辺のことを施設に事前によく話しておく必要があります。

ある女性と話していたら、社長の予言が当たっているといわれました。年初に今年の展望として

気学から得た学びを話すのですが、今年は何かが完了して何かが始まる年。自然災害も多い、

各地で紛争も起こる、政治・経済は混乱する。物流・食材確保を含め、混乱に備えておくと

書いた部分を読み返していたのだそうです。新たな時代に入っているのだな、という実感です。

 

一昨日ある営業得意先に行ったプレゼンが反応が良かったので関係者と共有をしました。いろいろ

な目で見るともっと工夫が進み、もっと進化すると考えています。素晴らしい会社のリクルート

やサントリーは成功事例を共有する伝統があります。

私がいた時も、当時はウィスキーがどん底の時代でした。何をやっても売れない。エイジングさせる

倉庫も満杯、それでも将来のために作り続けなければならないので、エイジングセラー(貯蔵庫)を

あてもなく?増設していました。今の原酒がないのとは大違いです。売れないのであれこれ考えた。

ある渋谷に作ったバーで、ウィスキーのソーダ割=ハイボールを実験した。それも特大のグラスに

入れて、デカハイとして売ったらお客様の反応がよかった。それを支店長会議で報告をしたら、

それは面白いということで、全国の支店会議に行脚して話して回ったことがありました。

今のハイボールブームの何年も前の時代です。ちょっとの売れる兆しを共有して、それぞれがそれを

きっかけに自分の現場で工夫をしていく、それが伝統になっているから営業の足腰が強いのです。

 

 すごい本ですね、何十年も前に私が師匠筋から教わったRAS

(脳の網様体賦活系、Reticular Activating System)、脳の自動操縦装置のことがわかりやすく

かかれています。頭の中で考えたことを、心から信じられれば、人はそれはどんなことでも達成

できるといった根拠です。人生を成功に導くための方法は目標設定」「視覚化」「アファーメーション」

「祈り」「アルファ支配」「引き寄せの法則」など様々あり、なぜ効果があるのかがかかれています。

 

うれしいことがあります。ある管理栄養士さんとお話をしました。地域中核病院の栄養の責任者

だった方です。とても素晴らしい方で、何かわからないことがあると仕事でのお付き合いはないのに、

いろいろお話を聞いて知恵を教えてくれていた方です。丁度定年を迎えられたと聞き、私どもの

相談役になってくれないかなと頼みに行きました。うれしいですね。しっかりとした知識と経験が

ある方のアドバイスを受けられるということだけでもありがたいことです。

また、先日は経験豊富な栄養士さんが来てくれました。あるお会社の本部においでになった栄養士さんで、

現場経験を経て、数十件の介護施設の献立と渉外(そのお会社は現場に栄養士さんがほぼいないそうです)

をやられていた方です。これもうれしいですね、ありがたいです。

何かが終わって、新たな枠組みがスタートする。いたるところにそんな現象が現れてきている。

我々を取り巻く、宇宙の気、地球の気、それに伴って立ち上がる社会現象の不思議に驚かざるを得ません。

 

- | 04:55 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 04:55 | - | -
コメント
コメントする