タイトルロゴ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
PDCAはCが大切

昨日は、経営会議をやりました。主管者の人の会議です。いつもは先行業績管理表をもって

説明するのですが、今回から、自分の担当部門全体の、注力したこと、見えてきた問題点、

これからどうするかといったことを、具体的に発表してもらうことにしました。

皆さん、話が整理されていて聞きやすかったです。

まず、大きいところから全体を見る、そして優先順位がついている、問題点がはっきり見えて

いて、作戦は具体的にたてられている、といったように話し手の頭が整理されていて、

その通りに話してくれるだけで、聞き手の頭にも入ってきます。

いわゆるPDCAをまわすというやつですが、まだ、うまく回せていない人もいます。自分も

やってみて大事なのは、Cの確認をするということだと感じました。

単純な話ですが、一か月やってみて、成績が良い店と悪い店がある。確認です。悪い店の数字を

見ていくと原価が計画に収まっていない。確認です。皆同じ献立なのに、良い店と悪い店がある、

確認です。それがわかれば、いい店と悪い店のやり方はどう違うのだろうか、そのやり方や工夫

の違いを見つけようというSVの次のアクションが見えてきます。現場に言って確認してみよう、

うまくやっている責任者はどんな工夫をしているのか聞いてみよう、違いを確認しよう。

そのうえで、やり方のコツをSVが納得して、文書化して次の作戦に活かす。うまくやっている

ところのやり方を、うまくいっていないところに教えてあげよう。できていないところは自分が

行くか、指導員にいってもらって、一緒にやってあげようといった、来月の作戦が生まれてくる。

PDCAをまわすということは、こんなに楽しいことなのですね。

 

 ハーマンズハーミッツ

 

朝の商品の販売サイトの話をしました。なかなか好評です。ただ苦心して考えたポットパットと

いう名前ですが、さらっと通り過ぎてしまいました。マーケッティングの大家である私どもの

監査役に言わせると、どうやら人々の口の端に上るキャッチフレーズが大事だといいたかった

ようです。商品を一言で表すものを雑談をしました。朝はお任せ、などいろいろな案が出ますが、

私の頭に浮かんだのは「朝からごきげん」というフレーズです。これは昔、ビートルズと匹敵する

くらいの人気を誇った、イギリス出身のバンド、ハーマンズハーミッツのデビュー曲のタイトル

です。Something  tells me I'm into something  good. という題名だったと思います。

朝起きたら気分がいい、何かいいことが起こりそう、そんな予感に乗っていこう!(実は昨日、

かわいこちゃんにあったから)といった軽いノリのいい歌です。

この歌をバックに流して、朝からごきげんポットパット!、などとやったら受けると思うのですが、

これも受けが悪い。皆さんハーマンズハーミッツのことなど何も知らない。聞いたこともないなどと

いうのです。時代は変わっていることをします。トホホ。

 

 

ということで、会議の準備をしてくれた総務の面々と近くの居酒屋に駆け込みました。ラストオーダー

が6時50分、閉店が8時なので、慌ててハイボールを3人で3杯づつ9杯を頼みました。居酒屋に

いくのはコロナ騒動以来初めてです。居酒屋厳しいですが、この使い勝手の良さは不変ですね。

ご同輩の皆さん、頑張りましょう。

- | 05:43 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 05:43 | - | -
コメント
コメントする