タイトルロゴ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
頼まれごとは、試されごと

昨日は、ある超大手の医療法人さんから依頼を受けて北海道へご一緒してきました。まだ自粛要請

が解除されていないので、緊急かつ控えめに行ってきました。医療法人の関連先の会社がセントラル

キッチンを持っており、うまく間尺に合う経営になっていない。実際の工場を見てもらい、どう組み

立てなおして同利益化していったらいいのかを考えほしいというご要望でした。関係会社も何件もの

介護施設を経営しておられます。なかなか立派な工場で、一日4000食はいける工場で必要な機器は

そろっている。工場の運営も立派な工場長が切り盛りをされています。料理もしっかりしている。

2・3気が付くことがありましたので、改善提案に盛り込んでいこうと考えます。

何よりもうれしいのは、そんなにお付き合いがあるわけではないのに、私どもを信頼して、お話を

いただけたことです。ありがたいことです。一生懸命考えてまいります。

 

 

もう一つ、うれしいことがありました。これまた別の超大手の医療法人さんから、ある病院の給食受託

をやらないかというお話をいただきました。それも、今私どもがやっている最大規模の暴飲とほぼ同数

の規模の病院です。今までは介護施設のお付き合いですが、病院はできるかとのお話をいただきました。

大手の病院では、人の採用から献立の展開まで、一筋縄でいかない難しさがあります。大至急、現地に

赴き、調査研究をしてお返事をすることにしました。

ここでも何よりもうれしかったのは、お付き合いがそんなに幅広いわけではないのに、私どもを信用して

くれてお話をいただけたことです。ありがたいことです。一生懸命対応をしてまいります。

 

 

もう一つ、うれしいことがありました。これまた別の超大手の医療法人さんから、グループのセントラル

キッチンが完成したので、見に来ないかとのお誘いをいただいたことです。昔、ほんの短い期間でしたが、

一緒に院外調理とは何たるかを考え取り組んだこともありました。その後は、年に一回くらいお会いして、

意見交換をさせていただくぐらいのお付き合いでした。いつも聞くお話は切り口が斬新で、感銘を受けて

いました。朝などは、冷凍弁当の形にして手間をかけないでやらなければ、給食に入ってきてくれる従業員、

特に若い栄養士などには、職場としての魅力がなくなって人も集まらないなどと、超大手の医療法人が

考えている、今後の進む道などを聞かせていただいていたことです。

うれしかったのは、イの一番で見学のお誘いをいただけたことです。ありがたいことです。楽しみです。

何かお役に立てないか考えてまいります。

 

考えてみると、今日は本当に、業界でも指折りの超大手の方とのご縁の日でした。ありがたいお話が

たくさん出てきて、信頼いただいている重さに身震いするような感覚にとらわれます。私どもにとっては

試練のようなものかもしれません。しかし、頼まれごとは、試されごと、誠意を持って取り組んでまいります。

 

 

- | 06:11 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 06:11 | - | -
コメント
コメントする