タイトルロゴ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
パワハラは許されない

昨日は、ある事業所のメンバーがどうしても話したいということがあり、ミーティングをしま

した。先日より報告が上がっていて気になっていました。どうやら事業所の運営が悲惨になって

いるようです。数字を見ても赤字が続いている、残業が多い、その事業所に働いているメンバーが

報告が少ないといったことが見うけられます。これは、私たちの数字で見れる、事業所内の問題

ですが、こういう時は、必ず何か委託側と運営側の双方の問題があるとみています。私どもにも

問題はあるのでしょうが相手方にも問題があることは間違いない。

業界ではモンスターというらしいですが、まともな話し合いができない栄養士、委託と受託を

切り分けて、全体を見ることなしに無理難題を言ってくる栄養士のことをそう呼ぶようです。

今回も話を聞いていると、毎度毎度、重箱の隅をつつくような指摘をし、それに対してマニュアルを

つくれ、チェックリストをつくれ、なぜやらないんだ、人間として信頼できない、などと人格批判

までに及ぶ。その指摘に優先順位がついていなくてやれと強要をするから、現場業務の負担になり

残業や意気の低下につながっている、まさにパワハラです。現場に直接、残業にもつながる仕事を

指示するのは優越的地位の濫用であり請負契約違反です。

モンスターそのもの?そのことをはっきり申し上げようと話しました。

良い給食をするには、委託側・受託側が双方が納得して進めることが大切です、本来病院がやるべき

業務を自分たちができないから委託に出しているはずです。管理をする立場の人がとるべき施策の第一は、

環境整備であるはずです。環境整備とは気持ちよく働ける環境づくりです。パワハラ、セクハラ、

などない笑顔の職場づくりであるはずです。

 

 

午後からは、経験者採用の皆さんに入社時研修をやりました。ズームでのウェブ研修です。

私の担当するところは、会社の概要、歴史とともに、長期ビジョン(未来予想図)を紹介すること、

それと今やっている、中期ビジョン(2・3年の計画)を話しました。

われわれのユニークな取り組みが、評価をされ業界に認知されるまでには、もう数年かかる、

そのメルクマールの売り上げ・利益に達するまでもう一息です。それに達するまでは、本部の仕組み

作り、営業の頑張り、そして一店一店がモデル店なので、運営の生産性を高め、評価を上げることを

一緒に頑張っていこうといった話をしました。

画面に向かって話すのも、結構疲れます。しかし、こういうスタイルが当たり前になっていくので

しょうね。

 

皆さんに報告です。先日の朝食の販売ランディングページのキャプションにどういう名前を付けるかと

いうことが話題になったということを書きました。私は朝からごきげんがいいといい、他の人は朝は

お任せがいいなどなど、いろいろ案が出たものです。とりあえず、ホームページに載せるバナーが

できてきたのでご紹介しておきます。

 

 デザイナーさんは、「忙しい施設の朝をカンタンに」

とまとめてくれていました。

 

 

- | 05:54 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 05:54 | - | -
コメント
コメントする