タイトルロゴ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
自主コロナ抗体検査キットを皆でやってみました

昨日は、取締役会をやりました。丁度その時にビルのエレベーターが修繕中となり、上がれなく

なるというハプニングがありました。ズームで参加の方もおられましたが、急遽1時間遅れで

始めることにご了解を頂きました。定時に来られた役員の方には、事務所でお待ちいただきましたが、

事務所は11階、登山のようなものです。私も東日本大震災の時何度か往復し、その後も何度かビル

メンテナンスに出くわし、階段で上がりましたが息が切れます。きつい!私と同年代の役員の方には、

事務所に上がってこなくていいといったのですが、上がってこられヘロヘロになっておられました。

役員会は、第3四半期の営業報告と第4決算期の活動計画の説明でした。第3四半期はコロナに翻弄

された四半期でした。何とか浮上の糸口をつくれたのは、メンバーの皆さんの努力のおかげです。

残りもわずか、気持ち新たに頑張りましょう。

 

 そもそもお客様があなたの

ところに購入を検討しに来てくれる。ということはどういうことでしょう。お客様はあなたを信頼して、

話を聞きたい、相談したい、と思ってくれているということです。つまり商談の前に、信頼関係をつくる、

仲良くなるということが必要だということです。

 

ありがたいことがありました。事業所給食や役所のレストランなどを展開されているお会社と提携のお話が

あり検討をすすめています。いままではこんなお話はいただいたことがなかったので、お話を頂けること

自体がありがたいことです。

コロナ以降リモートワークが主流になり、大会社になればなるほど本部には人が集まらない、当然職員食堂

などの利用も減っているはずです。実態はどうなのか見てきてもらうことにしました。職員食堂のKFSは、

対象人数と献立数と提供窓口の数(配置人員)のバランスといわれます。そしてKPIとして人件費率は

40%などと書くともっともらしく聞こえます。よく見て、自分たちならどうするといった改善プランを

考えてきてほしいといいました。いままではKFSやKPIなどといった横文字を社内で使ったことが

なかったのですが、そんな横文字が話されること、ありえない=ありがたいことです。

 

  

 

友人が、新コロナの簡易抗体検査キットを紹介してくれました。今、私どもも、営業で地方にでたり、

また、その人が本部にきたり結構出入りが激しいので、緊急検査体制をとることにしました。熱がでた

ちょっとおかしいというときは、まず、自分で抗体検査をして判定をし、何か異常が出たら、すぐにPCR

検査に向かう、この自主抗体検査をやったというと保健所も優先的にPCR検査を受けさせてくれる

そうです。

友人は動きが素早いですね、興味ある25個ぐらい持ってきてといったらすぐにもってきてくれました。

一回3000円くらいのものですから手軽です。安心料と思えば安い。私の知っているコンサルは地方出張も

多く、東京から行くと嫌われるので、ちゃんと抗体検査をしていて陰性としゅこを示すと安心してくれる

といっていました。早速事務所にいるメンバーで、やってみました。簡単です。10分ぐらいで結果が出ます。

皆、結果が出るまでは、心配な趣でしたが、やはり結果が陰性だとホッとします。

私が以前クリニックに行って抗体検査をやったときは9000円程度かかりました。やっていることは

クリニックでやることと何ら変わりません。看護師さんが採血をしてくれるかくれないかの違いだけです。

待ち時間もないし、血も一滴でいいし(クリニックではそれなりの量とられました)、これはいい。

私どものお客様の紹介をしてあげようと考えました。

来週、大事な件でお客様と会うから、それまでは陽性が出ては困る、といってかたくなにそれまではやらない!

といっている人がいましたが、ちょっとおかしくない?といわれていました。もし陽性だったらどうするの?

なんとも笑えない笑い話です。

- | 04:54 | comments(0) | -
スポンサーサイト
- | 04:54 | - | -
コメント
コメントする