タイトルロゴ
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
          
ARCHIVES
CATEGORIES
     
 
久しぶりに娘夫婦が来ました

昨日は、朝から、ある工場経営の話があり検討をしていました。10数年前まで工場を経営を

し、クックチルによる院外調理を世の中に先駆けてやっていましたが、うまくいかず苦しみ

ました。その時は、院外調理を手作りに直し、クックチルによる院外調理は一旦諦めて工場を

解約し、それに代わって、介護施設向けに商品を開発し、全国の工場と提携して商品販売を

始めました。その商品を使って介護施設の受託も進めています。

今般、病院や老健などのお客様が増えてきているので、病院系にあった商品の見直しをして

います。そんな中で、川崎に小さなセントラルキッチンをつくりました。その延長で、

もう少し大規模に進めたらどうだといわれているのかもしれません。数字を積み上げていったら、

‥売り先が足りない。…もうちょっと会社を大きくしなければ、もうちょっと販売力をつけな

ければ…いろいろ考えが頭をめぐります。

 

一昨日の会議のことも思い出していました。業務フローを作ってくれと言いましたが、業務フロー

が決まっていないものが、さらっと流れてしまっているということが散見されました。

メンバーにはいろいろ言っていますが、皆が同じ方向を向いてやらなければいけない。そのため

には、まず社長と幹部が意見をすり合わせなければいけない。特に幹部の人には、摺合せ段階で

まずはこと細かく報連相をしてくれといっています。それをやっていくうちに、考え方がすり

合ってきて、もうこの件は任せたよ、報告してもらわなくてよいよという場面がくる。それまでは

しっかり報連相をしてくれと言っています。

また、決定をしてほしい時は、複数の案を提示し(実際議論にでた意見を並列して出し)、自分は

これこれの理由でこの案をとりたいと考える、と自分の見識を述べてくれと言っています。

はなはだ古臭いやり方かもしれませんが、そんな、やり取りの中から自分の見識も生まれ価値ある

ものが生み出されるのだと考えます。

 

もうぐちゃぐちゃだ!

 

午後から、娘夫婦と孫たちが来ました。コロナで行き来ができなくなっていましたが、久しぶりに

集まりました。にぎやかで楽しいですね。大人は呑んだくればかりです。これも楽しい。

リモートワークの話になりました。二人とも大企業に勤めていますが、社長との距離が近くなった

といっていました。面倒くさいことも増えたそうです。社長を囲んだ定例の報告会も普段の報連相

も格段に少なくなっているのでしょう。担当に直接聞いてくるそうです。そうすると上席の部長や

役員が、社長に応える前にちょっと内容聞かせてとご進講に及ぶ、面倒くさい‥‥。

会議のスタイルも変わったそうです。役員会もズームでやるところも増えていて(私どもも同じです)、

今までは、資料が足りない、何をやっているんだと居丈高だった役員も、順番を待って話さなければ

ならない、自分の番に来た時、しっかりした意見が言えない‥‥、などなどその人の、お里が知れて

しまうようなことも起きているそうです。リモートワークで、仕事のできるできないがはっきりわかる

ようになった、いかに無駄な仕事が多かったかが分かったといっていました。飲み過ぎです。

- | 06:44 | comments(0) | -
コメント
コメントする