タイトルロゴ
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
          
ARCHIVES
CATEGORIES
     
 
どこからでも、誰からでも学べる

昨日は、朝から今月から始まるパートさん研修の原稿を書いていました。気に入らず、やり直し

です。パートさん向け研修もこれで3年目です。普段なかなか顔を見ることができないパートさん

たちと、お話というか、顔見世せ興行なので楽しんでくれたらいいなと考えています。

前回までは現地に行って研修をしていたのですが、今年はコロナの関係もありリモートでの研修と

なります。私は仕事は面白おかしく的な話をしようと考えているのですが、うまくまとまりません。

折角のリモートなので、私たちの研修だけでなく、普段皆さんが一番お世話になっている、

献立作成や、受発注のお手伝いや、物流手配や、給料の支払いや、環境の整備の裏方として、

パートさんを支えている皆さんに一言メッセージなど遅れたら、また会社の中の交流が進むのでは

ないかと考えました。SVの皆さんのエールも入れたいですね。いろいろ考えたいところです。

 

午後から、ある介護事業者のところにお邪魔をしてきました。作戦会議です。私の古いお付き合いの

方のご紹介ですが、何度かお会いをし、私どものことをちょっとづつご理解をいただけているようです。

うれしいですね。先方のやりたいこと、例えばセントラルキッチン構想などと、私どもがやってきた

ことと、積み重ねてきたノウハウと、私どもがさらに推し進めようとしていることが重なる部分があります。

お役に立てることができたらうれしいです。楽しみですね。

ある方から、あの会社は自分の考えていることと目線が一緒なので話が通じるということを人づて

に聞きました。もう一つうれしかったのは、あの人は人柄がいいからお付き合いをするんだという

ことも伝わってきました。さすが人たらしですね。周り回ってそんな話が入ってくるようにする……。

介護業界を創成期からけん引されてきたかたで上場も経験されています。皆さん横からいろいろなことを

いいますが、噂話を当たっていくと、誰かが言った無責任情報に尾ひれがついて事実と違ったことを

あれこれ話のネタにしているとしか思えません。もちろん、やんちゃもあったでしょう、無理を押し

通すこともあったでしょう、情け無用でことに対処したこともあったでしょう。我々含め日本人は特に、

お金を儲けるのはいけないこと、お金を儲けた人は、何か汚れたことをやって来たんだと思いこんでいる

人が多い。一代で上場企業に名を連ねた人は何人か知っていますが、ずっと清貧だった人などだれも

いません。儲けることにまじめに貪欲です。私は、儲けることが本当に下手なので(母から、あなたは

商売に向いていない、お金儲けなどできるわけがないなどといわれて育ってきましたので)、

ご一緒して勉強させていただきたいです。

 

 ちょっと時間が中途半端になったので、先輩から見てきたらと

いわれていた、メイキング・オフ・モータウンという、黒人レーベルのモータウンレコードの創成期

の物語を見てきました。ミラクルズ、シュープリームス、テンプテーションズ、フォートップス、

スティーヴィーワンダー・マービンゲイ・ジャクソン5などそうそうたるま名前が並びます。若いころ

の映像が溌溂としてまぶしい。黒人差別の中で、音楽が人を動かしてきたこともよくわかります。

マーチン・ルーサー・キング、マンデラ大統領、オバマ大統領なども心の支えとした。

モータウンの創業者で稀代の音楽プロヂューサーであり、世界一の売り上げを誇る黒人レーベルを

作り上げたベリー・ゴーディーは昔、自動車組み立て工場で働いていて、その流れ作業にヒントを得て

音楽づくりをしたそうです。作曲・アレンジ・歌唱指導・ダンス・ファッション・マナー指導などなど

流れ作業のように仕事を受け渡していって、大ヒットを連発させていった。それぞれのカテゴリーで

優秀な人材を発掘し、競わせていったそうです。すべてのものから学べるということですね。

勉強になります。

 

 

- | 06:00 | comments(0) | -
コメント
コメントする