タイトルロゴ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
PROFILE
 
できなかった自分、失敗した自分と向き合おう

昨日は、関係しているある社団法人の理事会にお邪魔をしました。そうそうたるお歴々の方々

にまじってお話をお聞きするのは、自分にとってはいい勉強です。会議は自分の立ち位置を知る

いい機会だといいますが、まだまだです。

国政の枢機を担った先生方にまじって、大学の移転という一大プロジェクトを抱えた理事長先生や

(私の心臓の血管のつまりを超高速MRIで発見してくれた先生です)、何かと話題のIPS細胞

をピンポイントで患部まで運ぶ乗り物(ベクタ―)を開発された研究者兼経営者の方もおいでになり、

話しが尽きません。皆さん腰が低い。偉ぶった方は一人もいません、第一に学ぶべき点です。

 

その後ある高齢者施設を展開する社長さんとお会いをしました。今後の構想などをお聞きしました。

三年計画、五年計画と意欲的な構想をお持ちになっています。勉強になります。人が集まらない

だとか悩ましいことがあるのでしょうが、悲観されていません。自分たちが勢いをつけて乗り越えて

いく自分たちの活動に焦点を当てておられます。

自分の勉強のために、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の業態の違いを聞きました。

有料老人ホームは経営にとっては利益率も高いし楽。サ高住はお客様にとってはサービスが選べる

のでいいですが、経営的にはしんどいですねと言われたのが印象的でした。

 

 出会う人皆、素晴らしい人たちでした。

 

夜に、新人のお世話係りの役回りの人と話をしました。何をしていいかよくわからない、といいます。

まず、自分が新人だった時のわからなかったことや、不安だったことを思い出して!!

何が分からなかった?何をどうやって教えてほしかった?…ヒントが詰まっています。

偉そうなことをやらなくてよい、自分が教えようなどと思わなくてよい……などと話していたら、

自分の新入社員時代のことを思いだしたのでしょうか、涙ぐんできてしまって、できなかった当時の

自分をぼそぼそっと語ってくれました。なんとその事業所から移動する時の栄養士の先生のお手紙を、

ずっと定期入れにいれてもっているそうです。よほど悔しい思い出だったのでしょう。

失敗を語ることは苦しいことです。でも自分を客観的に見れるようになったら乗り越えられる、お世話

係りも研修も、自分の苦労したことから始めればよいのです。

 

- | 05:54 | - | -
助成金も新規雇用も三方よしで考えよう。

昨日は、助成金のことを指南してくれる人がおいでになり、キャリアアップや、障害者雇用

に関する助成金の話をし、また対象者を洗い出しました。助成金にたよって何かやるという

のはもってのほかですが、あるものを活用しない手はありません。無期雇用を推進し、長い

こと安定的に働いて頂ければこんなにうれしいことはないですし、普段できない研修なども

組み立てていくことができます。障害者の雇用も厳しくなるそうです(2%→2.3%)、うまく

活用をし障害者雇用でも微力ながらお手伝いしたいと考えています。

また、総務とも来期の賃金規定に付き意見交換しました。最低賃金が上がってきているので、

それにつれて、社員・パートさんの時給も見直す必要が出てきています。何せ一昨年、所得

倍増計画など、大ぶろしきを広げましたので、それに向かって行かなければなりません。

 

助成金も新規雇用も三方よしで考えよう。

 

嬉しいことがありました。先日より検討を進めておりました、有料老人ホームの食事(アルス・

ケータリング・システム)の取り扱いが正式に決まりました。6月からスタートです。有難い

ことです。私もご挨拶にお邪魔する予定で楽しみにしていたのですが、急用で失礼し、メンバー

がうまくまとめてきてくれました。伸び盛りの大きなチェーンです。

昔私の師匠から、人格が高まればお客様は沢山やってくる、営業などするのは「まだまだ」

と言われたことがあります。決して人格などが高まっているわけではないでしょうが、私どもの

会社のこと、会社の人格=法人格に興味をもっていただけるかたが増えていることを実感し、

何とも嬉しかったです。まじめに、地道にやってきたご褒美かもしれません。

それともう一つ嬉しいのは、アルス・ケータリング・システムを使うことによって、先方の

調理師さん(栄養士さんも含む)の流動性が生まれ、私どもで引き受けさせていただけることです。

この募集難の時代に何と有り難いことではないでしょうか?受託と販売、両方やっているからこそ

対応できるでとで、奇跡のような話です。

受け入れさせていただく皆さんにとっても、いい御縁になるように努力して行きたいと考えます。

- | 04:29 | - | -
話をしてくれてよかった!

昨日は、お得意様の新任の病院長様にご挨拶に行きました。着任早々、私どもがいろいろ改善

をすすめていますので、その実情というか途中経過をお話をさせていただきました。

普通は挨拶だけで終わるところですが、かなり突っ込んだところまで聞いていただき、ご意見も

いただきありがたかったです。皆で新任の院長先生盛り立てていきたいと考えます。

別に、看護部さんとも話をしてくれた報告もありました。了解をいただいたものもあれば、持ち

帰りになったものもあるようですが、何といってもうれしかったのは、看護部長さんから、

しっかり話しをしてくれてよかった、と言って頂けたという報告です。よく食事の実情が分かった

といって頂けました。困ったときは互い様、これまでは話す機会もなく、泣き寝入りをしていた

ようなことも、一緒になって考えて頂ける姿勢が何とも嬉しかったです。

 

 

 

朝に、改善のコンサルをやっている人が訪ねてきてくれましたある。給食現場を二方向のカメラで

写し、作業のムリやムダを発見していく手法をとっておられ、その手法を見せていただきました。

私にはよくわかりませんが、こういうところがムダなんですと指摘をもらうと、納得がいきます。

職場の整理整頓もビフォー・アフターを見せていただくと違いが歴然です。

献立原価と実際原価が大きく違うところがあります。月末在庫も膨れ上がったものが減らないと

いう事業所があります。お話を聞いていて、その事業所のことが頭に浮かんできました。その改善

手法を一緒にやって学ばせていただき、プロとやった成功事例を皆さんと共有したいと考えました。

現場の皆さんに聞くと、こうしたらいいああしたらいいという意見が出てきます。あたっています。

しかし、頭ではこうしたらよいとわかっていることも、具体的な成果としてあらわれてこないという

ことはどう考えたらよいのでしょう。ここをぶち破っていきたいですね。

 

夜にも、職場の改善についてディスカッションをしました。ムリ・ムダの宝庫です。複雑な献立が

すべてに影響してきています。もっと笑顔で気持ちよくやりたいな、まずは根っこの献立を原点から

やり直す、急がばまわれ、そこから入ろうと話をしました。

- | 05:28 | - | -
偉い人と会うときは、メモをしたためて。

昨日は、今日お会いする病院の院長先生に提出するメモを作っていました。理事長先生や院長

先生などには、頻繁にお会いするチャンスは少ないので、お会いする際には紙一枚のメモを持参

するようにしています。私どもの状況や課題、お願いしたいこと、また興味を持ってもらえそうな

ことをしたためていきます。わたくし流の定期便です。

皆さんへの定期便、社内報やニュースレターを書き始めましたが進まない。そして今週提案をする

セントラルキッチンの企画を書き始めましたが。これまた遅々として進みません。

 

 

立川談志さんの口座のCDを聞いてみたりしながら、気を紛ら

わせてみようかとしましたが、かえって集中して聞かなければ

ならず、疲れてしまいます。さっとスポーツジムに出かけました。

談志さんと言えば、昔御嬢さんがが六本木でミニクラブをやって

おられましたが、今はどうされているでしょうか。

何回か通いました。バブルの時代を思い出します。

 

 

 

・物事のチックは2か月ごとに、課題を一つ一つ明確にする

・向上心の無い努力は無意味 いくら頑張っても結果が出ない人

 は、間違いなく「今より良くなろう」という意識が欠けている。

・私はどんなことでも、成功は、準備がすべてだと思います。

 ビジネスでも勝ちたいなら、相手を上回る準備をするしかない。

・努力は100%のものでないと意味がありません。80%や50%

 のものなど、そもそも努力ではないのです。

・サントリーの「やってみなはれ」の素晴らしさ。ミスを恐れない精神。

・上司などのリーダーになったとき、最も大切なのは、自分が部下

 だった時に、どう教えてほしかったか、とう扱ってほしあったか

 思い出すことではないでしょうか。

・勇気とは慣れ親しんだ自分を捨てることなのです。

・言い訳こそが成功を阻んでいることに、人は気づくべき。

・心配ほど無意味なことはありません。心配が何かを変えることはない。

 コントロールできるとこだけを考える、コントロールできないことは放っておく。

・プロとアマチュアの違いは、プロは結果が出なければ責任をとらなければならないということ。

- | 06:13 | - | -
問いを持つと、答えは返ってくる。

昨日は、朝から私どもの定型フォーマット「先行業績管理表」を作り直していました。先日の

チーフ会議で、あまりにも皆さんが元気がない、元気がないのは何をしゃべったらわからない

から?皆さん貝のようになっている。ということでまず会議の型を作ろうと考えました。

経営会議で使っている、先行業績管理表がうまく機能していないので、それを手直しすること

にしました。毎月25日前後に、当月の見込みと来月の活動をSVの人が、チーフの書いたもの

を発表してもらっていますが、本来チーフの書いたものはチーフが発表すべきです。会議での

発表内容が当月の見込みに焦点が当たって、大事な来月に何やるが疎かになっています。

また、重要管理項目を決め、時系列の分析から、SVを中心に来月のアクションプランを定める

ことにしていますができていません。

今回、この二点を見直すようにフォーマットを変えました。SVとチーフで書いてもらいます。

チーフ会議の席上では出席者全員が共通のシートを見ながら進捗を報告をしてもらうように

します。そうすれば何を話してよいかわからないということがなくなり元気が出てくると考えます。

皆さんの元気あふれる、月一回の会議が楽しみです。

 

 

最近、大変ためになる本に出合います。不思議大好きなので、仏教や神道や最新科学の本などを

よく読みます。八木龍平さんの「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」も変な本だと思い

ながらも手に取りました。何せ私の家系は、1400年前の推古天皇の時代から続く神社の宮司の

家系です。読み始めると、面白くてあっという間に読んでしまいました。

神社の神様は、意志と目的を持った知的生命体、知的な空気だと言われます。そんな見えない神様

とお話しする、のはすごく簡単だと言われます。それは「問いを持つ」ことだけでよいとあります。

問いを持てば、答えが「世の中から」「偶然のタイミング」で返ってくるといわれます。

そういえば、これをどうしようと悩んでいた時に、出会えた人や、読んだ本などで、あぁこうだった

のかといった答えが運ばれてくる経験が、何度もありました。

時間をとって神社巡りをやってみようと思います。

- | 07:30 | - | -
<< | 2 / 656 PAGES | >>