タイトルロゴ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
           
 
我慢することは美徳ではない

昨日は、皆さんから出た昇給昇格考課をみていました。もっと給与水準をあげたいと考え

ますが、まだもうちょっとかかります、給料の原資の粗利益率も利益もまだまだ低いですね。

頑張らなければなりません。

中小企業のカリスマコンサルタント、小山昇さんの本を読んでいると驚くことがたくさん

でてきます。儲かる会社より絶対につぶれない会社をめざし、無借金経営を止める。お金を

たくさん借りて、積極的に投資をしなければ継続的な成長はできない、お金の投資先は三つ、

,客様の数を増やすこと⊆勸教育インフラ整備、それをやるには借金もいとわない。

そんな目から鱗の話の中に、給与、賞与は誰が払うのかという議論がありました。

『会社は赤字でも給与を払います。払うことができるのは、お客様が自社の製品やサービスを

買ってくださり、売り上げがあるからです。ですから社員は「給与の原資はお客様である」

ことを肝に銘じて感謝の心を忘れてはならない。では賞与を払っているのは誰でしょう?

我が社では給与と賞与を次のように決めています。

・給与=労働対価、賞与=利益の一部配分(業績によっては支給しないことがある)

したがって、赤字が続いて利益が出なければ賞与を分配することはできません。

会社がいいのは社長の腕がいいからです。社長が一番働いたからです。赤字なのは社長の腕が

悪いからです、社長がサボり、怠け、仕事をしなかったからです。ほとんどの社員は、賞与を

もらえるのは自分が頑張ったからだと考えます。もちろん賞与にはそういう一面もある。

しかしそれ以前に、社長が頑張って会社を黒字にしたから賞与をもらうことができる……。』

極端な議論に見えますが、どう考えたらよいのでしょう。

そういえば、いくらメンバーが頑張っても赤字の店がある。それは立地の間違いだとか、契約

(見積もり価格)の間違いだとかがあり、これは社長の責任です。それを放っておくのもやめるのも

社長の責任です。社長が外へ出ず、お客様の数を増やさなかったり(営業をしなかったり)、

人の採用や研修やインフラ整備を怠って、会社の停滞を招くのも社長の責任です。

社長の責任は重い。成長するために、作戦や組織などもころころ変えていかなければなりません。

 

 小山さんの本はいつも刺激的です。

 

今度ある、栄養士・調理師研修の一回目のテキストが上がってきて見ていました。今期は栄養士と

調理師一緒にやるので、よく内容を詰めておかなければなりません。

目的は、我が社の今期の作戦の起点である。献立を理解する。その上で関わる一人一人の役割を

理解し、どう貢献するのかを考え、どうしたら提供商品のQSC(おいしく、素早く、安全に)を

向上させるかの共通認識を持つという事です。

ですから、献立作成の基礎から、今期の提供システムの概要説明(korekara給食やハイブリッド給食)

と課題、その課題を当事者としての栄養士調理師はどう解決していくか。

そして今動いている、献立決定の標準手順、要望やインシデントに対する標準手順なども内容に

入れてもらう事にしました。

献立にかかわっている栄養士さんだけでなく、献立にかかわっていない栄養士さんも調理師さんも

これは手間がかかりすぎる、これは今の調理場の機材では難しい、このレシピはこう直した方が良い、

このネーミングはおかしい、もっとこんな料理を入れたほうが良い……などなど、

どんどん意見が出てくるといいですね。私たちの現場の人たちは、本当にいい人ばかりで、逆に

文句も言わずに我慢することに慣れすぎてしまっているように見えます。言われたことをそのまま

やるのが美徳ではない。献立なんか、同僚の栄養士が作ったもの、おかしければ、どんどん直して

いけばいいのです。そんな気運が盛り上がる研修にしたいものです。

- | 06:24 | comments(0) | -
今度会社で受ける、外部研修を受けてきました

昨日は、一日研修セミナーを受けてきました。今期は入社時や年次別の研修、会議後へチーフ

対象のルールや手順の確認、栄養士・調理師・安全衛生といった技術教育と並んで、外部の

教育機関を使って、各人年二回程度の知識教育を受けてもらおうとしています。各階層にそって

いろいろな研修の中から、受けたいものを自分で、もしくは指定されて受ける仕組みです。

その外部教育は、どんなものか、自分でも見ておかなければならないと考えて、参加してみました。

受けたのは、リーダー層の研修の一つで、ストーリーで学ぶビジネスリーダー研修の一つで、

<マネジメント(PDCA)・仕事の動機づけ編>というものでした。

所見は、なかなかいいですね。たくさんのお会社の方がきているので、大人数の研修ですが、

四人が一チームになって、話し合う時間がたくさんあるので、他の業界の人のことも、いろいろな

年代の人の話も聞けて良かったです。給食業界は、非常に内向きな業界です。ともすれば狭い

世界の中で、悶々としている人も多い、又外部の人と合うチャンスもなかなか少ないので、

外部の人と接点をもてるのもよいですね。

ご一緒に話したのは、旅行業界の方、IT業界の方、不動産管理の方です。業界は違えど

悩んでいることは一緒。上司の方針が分からない、部下の考えがうまく聞けないなどなど、

リーダーの皆さんは上下の間に挟まって、考えることが多いようです。楽しいですね。

 

 

皆さんも聞かれると思いますが、もらったヒントをいくつか

1、PDCA Pは目標・計画、Dは実行・記録、Cは評価・成功点・問題点の分析、

 Aは改善・成功点の標準化徹底・問題点の解決再発防止

2、CAが難しい。そもそもP、計画が計画になっていないことが多い。数字目標を分解している

 だけで、どうやって達成するかといったプロセスが考えられていない。

 ・P計画の段階で、どういう状態になったら成功か失敗かを明確にする。途中の評価をうけ、

 方針変更などのアドバイスを受ける、中間確認日や最終報告日を決めておく

3、計画は事実に基づいて、事実は/字 行動 三現主義、PDCAはスピードを伴わない

 物は機能しない。ソフトバンクなどは、思いついたことをまずやってみて、うまくいったものを

 取り上げる…まずやってみることの評価の要点をおいている。

もうひとつ

1、上司が部下に何を期待し、どのように扱うかで部下の業績と将来の昇進がほとんど決まる。

 優れた上司の特長は、高い業績を達成できるという期待感を部下に抱かせる。無能な上司は

 その反対で、部下の生産性も向上しない

2、沈黙は期待値の低さしか伝わらず、沈黙は否定的な感情しか伝えない、したがって業績も上がらない。

勉強になりますね。

私も、皆さんに声掛けをし、チャットにもコメントして行きたいと感が増すし、先行業績管理表

など、数字を入れているだけの人も多いと思いますが、どうやって達成するのかプロセスを皆さん

と話し合っていきたいと考えます。

終わって、まだ皆さんとの話が出来たらいいなと思い、今度時間を決めて羽根つき餃子を食べに

行こうとお誘いしました。楽しいですね。

- | 06:38 | comments(0) | -
果敢に挑戦する人を褒めていきたい。

昨日は、二日間会社を離れていましたので、いろいろな報告、打ち合わせをしました。

何か、いいことばかりが起ってくる気がいたします。

朝から、営業開発の報告があり、いずれも新調理を利用した案件です。ちょっと遠くて戦線

が伸びすぎるきらいがありますが、羽村や熊谷、南房総など首都圏といっても遠い、かかる

時間は変わらない、それぞれの事業所のように、しっかりした責任者がいれば大丈夫です!

 

新たに組織された、栄養管理室のキックオフ打ち合わせをしました。ミッションの確認と、

役割分担をしました。課長は誰が何をいつまでにを決め進捗管理を、リーダーは主に対外責任

を、献立に関する会社の基準や手順の決定と遵守とメンバーの管理(良い状態をつづけること)、

社員は、献立立案と現場指導といったことを話しました。若い女性たち中心で回します。

私は全く女性に弱いのでよくわからないのですが、気持ちよくやってほしいな!楽しみです。

 

懸案の、ある事業所の献立変更に付き、話し合いを持ち、理解をもらったという報告がきました。

この事業所は、調理工程が複雑になりすぎていて、ベテランにしかできない運営になっていました。

老健の献立に付き、ハイブリッド献立との現行との予想損益の比較をしてくれと言っていましたが、

動き出しました。まず、問題の店から献立変更に入ります。法人トップは、統一献立でCKオペレ

―ションを考えています。改善が皆の合言葉になってきました。

 

 ある会の理事会でご一緒する機会がある、JR九州の唐池会長

の本を読みました。戦っているなという感想です。

『…果敢に挑戦している人こそ褒めちぎる!お役所的になりがちだからこそ、異端を尊ぶことに

意義がある。…。前例のない挑戦、異端扱いされる取り組みをほめた。そうすると、放っておいて

も挑戦する人間が増えた。…自ら創るという社風も育んだ…。』

 

介護のおやつを提案するサイトを作りたいと考えていますが(昔からいっています、しつこいで

すね)、大学の先輩が、有力な饅頭屋さんを引き合わせてくれました。また、お菓子に詳しい

私の友人の友人が、おやつを一手に取りそろえることができる大手の問屋さんを紹介してくれ

ました。この方には、冷凍パンをお願いしていましたが、そのサンプルもお持ちいただけました。

うれしいですね、もつべきものは良い先輩です。懸案が動き出しそうです。

 

検討していた、(社)日本ファンファーレ協会が立ち上がりました。日本を元気にするというキャッチ

フレーズで、私も発起人の一人です。篤志家、会員から寄付を集め、それを原資に、こども病院・

養護施設・障害者施設・介護施設に、慰問のイベントを提供していこうとするものです。イベントは

無料で、その施設や社会にでようとする人の、言葉は変ですが足長おじさんの役割をはたそうと

してています。そんな篤志家いるのか?と私などは思いますが、いるのですね、まず一千万の予算

から始めます。私の知らない世界がたくさんあります。

 

夜にチャットで一日の業務報告を見るのが楽しみです。広島の事業所で、早番をやっていた学生パート

さんがやめたいといってきたという。それをSV役は早番をはずすことで、止めようと考えたのだが、

その事業所のチーフが私が説得しますと言ってくれて、すんなり継続してくれる事になったとのこと。

どう説得したか?やめたい原因を聞くと朝が起きれないから…、そのチーフは、大丈夫私が電話して

あげるから…。さすがお母さんはすごいねという報告でした。何が嬉しかったかというと、事業所の

中をよく見ていること、そして素晴らしいことを探していることです。こういう報告がどんどん上がって

来るといいなと考えます。悪口は誰でも探せますが、いいことを探すのは難しい。素晴らしい。

 

- | 06:32 | comments(0) | -
福岡に行きました(2)

昨日も、一昨日に続いて福岡にいます。最近は滅多に九州には来ることがないし、また

来てもとんぼ返りしてしまうので観光をしていませんので、ちょっとだけ足を延ばしました。

行ったのは、筑紫万葉のふるさと大宰府です。7世紀から奈良・平安時代を通じて、外交

の窓口として重要な役割を果たしてきたのですね。今度じっくり歴史をひもといてみたいと

思います。そういえば韓国とはあっという間の距離ですね。韓国からの観光客も目立ちました。

 

 

参道にあった、隈研吾さんのスターバックス。スタバもこんな遊びをするのですね。隈さんは

オリンピックスタジアムも木を使ったデザインですね。

 

 大宰府天満宮

 

 足を延ばして、大刀洗平和

祈念館へ。ここが陸軍のパイロット養成の総本山で、ここから知覧などに分かれていったのだそうです。

本物のゼロ戦のディスプレイが見られます。特攻兵の手紙は涙なしでは読めません。こういう若者が

国を守ってくれたのだと思うと感無量です、時代は残虐ですね。

 

 

私は、おみやげなどは何も買いません。ただ、土地の記念の小物を買って専用の棚に並べる

こと、ピンバッジコレクターとしては、ピンがあると買い求めます、紫電改と日章旗、やりすぎかなぁ。

 

- | 06:08 | comments(0) | -
福岡に行きました(1)

一昨日から、福岡にいきました。福岡の奥座敷、二日市温泉の大丸別荘という創業150年

の旅館で、私の師匠筋の勉強会にでてきました。

勉強会ではいつもトップとしての物事の対処の仕方、自分の持ちエネルギーの活かし方の

ような話になります。

・自分の正義は周りの人にとっては不正義、周りの人は逆に見ている

・人が何かをいってくれる、そこには何かの意味(メッセージ)と価値がある。

・カチンと来た時ほど重要なメッセージ、どう受け止めていくかが重要

・分かってくれない…わかるように説明していない

などなど、話しの中で、当たり前のようですがきらっとした言葉に出会います。

 

 ここで出会う方が素晴らしい。

 マリンバ奏者の、ミカ・ストルツマンさん。

 天草出身の主婦から、マリンバをやりたくて

 アメリカへ。その生き方と技術が認められて、

 ジャズ界の巨匠、チック・コリア、スティーヴ・

 ガッド、エディ・ゴメスさんなどとの知己を得、

 共演やレコーディングを続けているという。

 チック・コリア氏が曲を彼女のために書き

おろしてくれた時も、やはり芸術にはお金がいるのですね。パトロン役がいる。

そんな時にあしながおじさん役をやったのが、同席した九州の雄のS会長。

素晴らしい演奏とともん、Sさんの陰ひなたの無い活動に熱い拍手が起きました。普段は豪快な方です。

 

 ご一緒した中には、私の目標、日本レーザーの近藤社長が

 おられます。会社をMeBOされて、それから何年も増収・

 増益を続けられ、日本で一番大事にした会社大賞などにも、

 いち早く選ばれ、その後も数々の経営者に送られる賞も

 とられています。

 著書も多数で、今や講演などにも引っ張りだこだそうです。

 新刊のお話も聞けました。

 

 そんな多士済々のなかにいるだけで勉強になります。私は街場の

 名刺交換会的なものには、一切出ませんが(一度出ていやになり

 ました。名刺などもらったって何の役にも立たない)、こんな

 会合なら是非顔を出したいと考えています。

 

 

泊まった、大丸別荘は、きれいですが古い建物で、部屋がとてつもなく大きい、10畳の部屋が二つと

リビング、大きすぎてしっくりこない。なんとなく寝不足です。

 

 

大きい部屋と素晴らしいかけ流しの源泉

 

 

- | 23:31 | comments(0) | -
<< | 2 / 764 PAGES | >>